フルーティな香りがたまらない「バリスティック ペール」はホップの旨味を存分に味わえるビール!

 

クラフトビールと聞くと大抵がエール系のビールを作っているビール会社が多いはず。

しかし、Ballistic Beerはラガーにもこだわって醸造してきました。

ビール愛好家の間では「Dirty word」として捉えられてきたラガー。

そんなラガーのイメージを払拭するためにBallistic Beerが作ったラガービールは今までの印象を覆すかのようなうまさでした。

BALLISTIC BEER CO. PALE(バリスティックビア ペール)

「Dirty Word Lager」とは少しラベルデザインが異なっているようです。

缶の下の部分にハチマキのように製品名と製品詳細が書かれたステッカーが貼り付けられています。

モルト:Pils、Light Crystal

ホップ:Magnum、Ekuanot、Cascade、Azacca

イースト:US-05

産地

クイーンズランド州 ブリスベン ソースベリー

ビール種別

(アメリカン)ペールエール

アルコール度数

5.2%

IBU

40

テイスティングノート

香り

オレンジピールのような柑橘系の香り、そしてパイナップルのような南国のフルーティな香りが漂います

泡立ち

クリーミーな泡立ちですが程なくして消えてしまいました

濁りのあるオレンジゴールドカラー

テイスト

グビグビグビっとビールを口に運び、最初に感じる香りはパイナップルのようなフルーティな香り。

きめ細やかな炭酸感で飲みやすい。

少しモルティな一面も感じ取れますが、ホップの旨味を十分に引き出している味わいです。

後味にホップの苦味が残り余韻を楽しむことができます。

おわりに

バリスティックビア、実はわたしの住む地区から約15分ほどの所にあるブリュワリーでした。

ダーティワードラガーも美味しかったけど、ペールエールも申し分ない!

一度ブリュワリーツアーしなければなりませんね。

参考バリスティックのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント