美しいビーチを眺めながら飲みたい「ブラックホップス センドイット」クイーンズランダーのための美味いエール!

 

バーリーヘッズにあるブラックホップス ブリュワリー。

彼らの作るクラフトビールを知るきっかけとなったのはCraft Cartelから送られてきた一本のペールエールでした。

柑橘の香りとホップの旨味「ブラックホップス ペールエール」暑い夏場にガンガン飲めるペールエール!
私がオーストラリアへ移住してきて最初に住んだ都市は、現在住んでいるブリスベンより南に車で約1時間ほどのゴールドコーストでした。 当時は全く知らずに住んだのですがゴールドコーストはその美しい海でサーフィンを楽しむ人がたくさんいますし、運が良ければワール...

このペールエールを飲んでから他の種類も飲んだみたいと思い、自宅からちょっと遠くのボトルショップまで足を運んでみました。

そのボトルショップではコアとなるブリスベンにあるブリュワリーのクラフトビールを数社分、そしておよそ2週おきにいろんなブリュワリーのクラフトビールを仕入れているとのこと。

そのボトルショップに入るや否やお目当のブラックホップスのクラフトビールを見つけたのでとりあえず飲んだことのないビールをカゴに入れて買ってきました。

今回はブラックホップス センドイット セッションエールです。

スポンサーリンク

ビール詳細

BLACK HOPS BREWERY SEND IT SESSION ALE(ブラックホップス センドイット セッションエール)

ペールエールと同様に真っ黒の缶にターコイズグリーンのステッカーを貼って製品分けをしているようです。

使用モルト:Australian barley、Wheat

使用ホップ:Riwaka、Calypso、Citra

使用イースト:American Ale

産地

クイーンズランド州 バーリーヘッズ

このブリュワリーもニューサウスウェールズ州との境界線にほど近い所にあります。

ビール種別

セッションエール

アルコール度数

4.2%

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

栓を開けるとかすかに柑橘の香りが漂います

グラスに注ぐと少しモルティーで酸味のある香りを感じます

泡立ち

真っ白でフワフワの泡が1cmほど立ち上がります

かすかにヘイジーなイエローゴールド

テイスト

ビールを口に含んでから鼻に抜ける香りはグラスに注いだ時と同じようにモルティーで酸味のある香り

最初ビールを一口口に含んだ時に感じたのが少しだけ舌を刺すようなクリスピーな炭酸感。

そんな炭酸感を感じるとともに舌の上に広がるのホップの軽やかな苦味とかすかな酸味。

後味はかなりスッキリ、どことなくピルスナーのような飲み口も感じます。

おわりに

夏の暑い日にビーチ沿いのパブなどで飲みながら喉の渇きを癒したいビールです。

クイーンズランダー(オーストラリアではクイーンズランド州に住む人をこう呼ぶ)がクイーンズランダーの為に作った、そんなビールではないでしょうか。

バーリーヘッズの海を眺めながら美味しいビールを飲む、最高ですね。

参考ブラックホップスのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

コメント