「バリスティック スプリングフィールド ピルスナー」ガンガン飲めるスプリングフィールドの新定番ビール!

 

今回はバリスティック スプリングフィールド ピルスナーです。

2016年の創業以来、2018年にブリスベン中心地の一つでもあるウエスト・エンドにエールハウスを展開している同ブリュワリー。

そして、2019年10月末を目処にブリスベン西部に位置するスプリングフィールドにもう一つのビアパブを展開するようです。

いやー、バリスティック・ビアの勢いが止まりませんね。

因みに、クイーンズランド州で3つのビアパブを経営しているクラフトブリュワリーはバリスティックビアが初めてだそうです。

スポンサーリンク

ビール詳細

BALLISTIC BEER CO. SPRINGFIELD PILSNER(バリスティック スプリングフィールド ピルスナー)

真っ白の缶に白を基調としたベーシックなラベルが貼り付けられたタイプ。

これまでのバリスティック・ビアのものとはちょっと違います。

使用モルト:Pilsner

使用ホップ:Perle、Hallertau Trad、Tettnang

使用イースト:W/34-70

ブリュワリー所在地

クイーンズランド州 ブリスベン ソースベリー

ビール種別

ピルスナー

アルコール度数

4.5%

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

缶のプルタブを開けて漂う香りは爽やかなモルトの香り。

そしてビールをグラスに注ぐとそのモルトの香りが強く立ちこめます。

さらにビールを口に含んで鼻腔に抜け渡る香りは土気を感じさせるような香り。

泡立ち

かすかにベージュがかった色合いで粗めの泡が1cmほど立ち上がりますが、すぐに消えて無くなります。

クリスタルクリアーなゴールド

テイスト

まず口の中に広がるのはそのふくよかな甘さがあるモルトの味わい。

そしてジンワリと広がる軽やかなホップの苦味がそのモルトの味わいと相まってバランスが取れています。

後味には甘さがしっかりと残ります。

カーボネーションは低め、口当たりソフトでかなりサラリと飲めます。

おわりに

これはスムーズでかなり飲みやすいビール、気がつくとグラスはカラになっています 笑

バリスティックビアのビールを家飲みするのも良いけど、新しくできるパブ・レストランで食事しながらビールを味わうのもいいかもしれません。

>>>「バリスティック スプリングフィールド ピルスナー」に似たビール

 

コメント