「バッチブリューイング ヘイジー ペールエール」ホップの旨味を堪能できるホッピーなビール!


この記事を書いている1ヶ月ほど前に届いたバッチブリューイングのビールたち。

今回からシリーズでこのブリュワリーのビールを飲んでいきたいと思います。

バッチブリューイングのビールはこのブログを書き始めた最初の頃に2本だけ紹介していますが、それからなかなか飲む機会に恵まれませんでした。

なので、今回思い切ってオンラインでまとめて買ってみました。

1本目に選んだビールはヘイジー ペールエール、一体どんな味わいなのか、早速飲んでみることにします。

BATCH BREWING : HAZY PALE ALE(バッチブリューイング : ヘイジーペールエール)

グリーン基調で缶にビール醸造で使うかのような機材の絵柄がプリントされているデザイン。

そして、そこにビール名がプリントされている透明のステッカーを貼り付けられています。

これによってシルバー缶にステッカーを貼り付けるよりラベルデザインに高級感が生まれていますね。

全体像はもちろんInstagramの動画でご覧ください。

ブリュワリー所在地

44 Sydenham Rd, Marrickville NSW 2204

ビール種別

HAZY PALE ALE

アルコール度数

375ml、4.0%、1.2スタンダードドリンクス

IBU

製造日

パッケージ日:2021年12月6日

Best Before:2022年9月28日

飲んだ日:2022年6月3日

テイスティングノート

香り

マンダリンオレンジのような柑橘の香り、パッションフルーツ、

泡立ち

グラスに注いだ際には1cmほど泡立ちましたが程なくして消えました。

かなり濁りの強い淡い山吹色

テイスト

グレープフルーツジュースのようなジューシーなホップの旨味がジュワーっと広がります。

そのホップの旨味は青々しさのある軽やかな苦味へと変化、その中にはわずかに酸味も含まれており爽やかな感じ。

モルティさはそこまでなく、そのためか軽い苦味でも必要にして十分なくらいの苦味に感じました。

後味には酸味と苦味がわずかに残りますが、最後はキレがあってスッキリとしています。

かなり弱めの炭酸感で舌触り滑らか、ミディアムボディ。

おわりに

アルコール度数もそこまでなく、ホップの旨味を堪能したいならこのビール!っていうくらいホッピーなビールです。

1本目から良い出だしですね〜

>>>「バッチブリューイング ヘイジー ペールエール」に似たビール

 

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

PALE ALEビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント