「ブラックホップス ABCボム」ホップの苦みとローストモルトの苦みが絶妙コラボしたビール!

今回はブラックホップス ブリュワリー ABC ボムです。

ブラックホップス ブリュワリーのビールはエンジョイ★ビアーズでも過去にいくつか紹介しています。

 

さて今回のビール、ABC ボムの「ABC」って何だろうって調べたら「American Black C(Citra、Cascade & Chinook)hopped IPA」の「ABC」とのことです。

さらに3種類のホップについて少し掘り下げて調べてみました。

Citra:このホップは強い柑橘系のアロマを持ちながら良質な苦味を提供してくれます。
Cascade:アメリカのホップの中でももっともポピュラーな品種の一つ。こちらも柑橘系のアロマを持っており、アロマを加えるのに使用されます。
Chinook:このホップはグレープフルーツのような柑橘系のアロマ、そしてパインニードルやスパイスなどのアロマもあわせ持ちます。
さて、このような3種類のホップを使用したABC ボムって一体どんな味わいのビールなのでしょうか。

BLACK HOPS BREWERY : ABC BOMB(ブラックホップス ブリュワリー : ABCボム)

このブリュワリーの缶は全く同じものを使用しており、色違いのハチマキステッカーによって製品分けされています。

このABCボムにはグレーのカラーが与えられており、ちょっとシックな感じですね。

製品名に「ブラックIPA」とあり、IPAがメインのビールカラーかと思いましたが結構な「黒さ」です。

ブリュワリー所在地

クイーンズランド州 バーリーヘッズ

ビール種別

インディアペールエール

アルコール度数

6.5%

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

プルタブを開けるとかすかにローストされたモルトの香り。

グラスに注ぐとそのモルトの香りとともに柑橘系の香りを感じます。

泡立ち

濃いブラウンがかった泡が2cmほど立ち上がります。

真っ黒で、光を当てても透過しません。

テイスト

まずビールを口に含んでから感じる香りはチョコレート、そしてエスプレッソコーヒーのような香り。

そして香りを感じた後に広がる味わいはエスプレッソコーヒーのようなローストされたモルト苦味とホップの苦味が折り重なるような味わい。

ホップの苦みはIPAと呼べるくらいきちんとしたホップの苦味を感じ取れます。

後味にはホップの青々しい苦味をかすかに感じます。

カーボネーションはミディアム。

おわりに

スタウトとIPAの良いとこ取りみたいなビールでした。

>>>「ブラックホップス ABCボム」に似たビール

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

IPA ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント