「ブラックホップス サウスコーストIPA」ガツンとパンチがあって飲みごたえのあるIPA

前回ご紹介したブラックホップス ブリューイングノースコーストに続き、今回はホップ違い兄弟みたいなビール、サウスコーストIPAです。

ホップヘッズにニューワールドホップの飲み比べが出来る機会をくれるとは、ブラックホップスブリューイングの粋な計らい。

サウスコーストと名前がついているように、こちらのIPAにはオーストラリアとニュージーランドのホップが使用されています。

ビール詳細

BLACK HOPS BREWERY : SOUTH COAST IPA(ブラックホップス ブリュワリー : サウスコースト IPA)

こちらもノースコースト共にパシャっと一枚。

ラベルはノースコースト同様に濃い海岸が描かれていますが、ノースコーストと違い海の色が濃く、また海岸沿いにはオーストラリアの象徴的動物カンガルーとニュージーランドの象徴的動物キーウィが描かれています。

もちろん缶上部にはオーストラリアとニュージーランド国旗が描かれていますね。

こちらも写真ではわかりにくいのでラベル全体はInstagramの動画をご覧ください。

ブリュワリー所在地

クイーンズランド州 バーリーヘッズ

ビール種別

(オーストラリアン/ニュージーランド)IPA

アルコール度数

6.8%、2.0スタンダードドリンクス

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

まず缶のプルタブを開けると微かに柑橘、マンゴーのような香りを感じます。

そしてビールをグラスに注ぐとパッションフルーツを噛み砕いたような香りを感じます。

さらにビールを口に含んで鼻腔に抜け渡る香りは松脂や樹脂のような香りとホップの青々しい大地の香りを感じます。

泡立ち

真っ白でキメの細やかなフワフワの泡が2cmくらい立ち上がります。

濁りのないオレンジゴールド

テイスト

ノースコースト同様にまずホップの旨味がジワっと広がり、その後に大地の香りがフワッと現れます。ノースコーストに比べ草っぽい風味が強いですね。

モルトの甘味も十分にありますが、サウスコーストでは微かに酸味もあるような。

後味はノースコーストに比べるとスッキリしています。

炭酸感はミディアム、キメの細やかな舌触り。

おわりに

全く同じモルトベースでホップだけを北半球、南半球で変えているわけではないようなので単純比較はできませんが、個人の好みですけどどちらかというと私はノースコーストかなぁ。

もちろん、このサウスコーストもパンチがきいているビールなので機会があれば両方飲んでみることをオススメします。

>>>「ブラックホップス サウスコーストIPA」に似たビール

 

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

IPAビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント