「ブラックホップス ノースコーストIPA」ホップの旨味満載で王道のIPAらしい味わい

ホップは世界中どこでも栽培されていますが、とりわけ今日有名なホップ品種が誕生したのは北ヨーロッパ。

しかし、現在のクラフトビール業界で新世界ホップと呼ばれるアメリカ、ニュージーランド、オーストラリアのホップがビール愛好家の中でトレンドとなっています。

そこで今回と次回はブラックホップス ブリュワリーからリリースされているホップ違いの兄弟みたいな2本をご紹介。

まずは最初一本目、ノースコーストIPA

ノースコーストには北半球、アメリカのホップを使用しています。

BLACK HOPS BREWERY : NORTH COAST IPA(ブラックホップス ブリュワリー : ノースコースト IPA)

ネタバレになりますが、サウスコーストと共に。

コアレンジの一般的なブラック缶ではなく、海岸にヤシの木、サーフボードなどが描かれている

ラベルデザイン。缶の上部にはアメリカ国旗も描かれていますね。

写真ではなかなかわかりにくいのでラベル全体はInstagramの動画をご覧ください。

ブリュワリー所在地

クイーンズランド州 バーリーヘッズ

ビール種別

(アメリカン)IPA

アルコール度数

6.8%、2.0スタンダードドリンクス

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

まず缶のプルタブを開けると柑橘の爽やかな香り、パイナップルのようなトロピカルな香り、ほのかにピーチのような甘い香り

そしてビールをグラスに注ぐとフルーティな香りは微かで、松脂やホップの青々しい香り。

さらにビールを口に含んで鼻腔に抜け渡る香りは松脂の香りが強く、それに加えトフィーのような甘い香りも感じます。

泡立ち

微かにブラウンがかった色合いでフワフワの泡が2cmくらい立ち上がります。

濁りのないダークコッパーカラー

テイスト

まず何よりもホップのジューシーな旨味が口中に染み渡ります。苦味も十分、それでいてモルトの甘味もあるので凄くバランスが良い。

飲んでいてスパイシーさも感じ、後味にはそのホップの苦味がジンワリと残ります。

ミディアムボディで炭酸感はちょっと高め、微かに舌を刺すような刺激も感じます。

おわりに

香りはフルーティでトリピカル、そして松脂や樹脂の風味があり、これぞ王道のIPAと思わせてくれるような味わいのビール。

いや、これがサウスコーストIPAになったらどんな味わいなのか楽しみ。

>>>「ブラックホップス ノースコーストIPA」に似たビール

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

IPA ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント