「ストーン モクシー ゴールド IPA」2種類のホップの旨味が織りなすバランスのとれた美味いビール!

 

今回はストーンブリューイング モクシー ゴールド インディアペールエールです。

 

エンジョイ★ビアーズの運営を始めてから最初のうちにオーストラリア以外のビールを十数本飲んでレビューしましたが、現在ではオーストラリアのクラフトビールのみを飲んでレビューしています。

これはオーストラリアにはまだまだたくさんのクラフトビールが眠っており、それを開拓して飲んでもいないのに、オーストラリア以外のビールを飲んでしまってはいけない!と思ったからです。

ただ、毎月送られてくるCraft Catelのビールたちにはオーストラリア以外のビールが1本くらい毎月入っているので仕方のないこと・・・と割り切ることにしています。

しかもアメリカのStone Brewingのビールということであれば尚更飲みたくなりますよね 笑

 

STONE BREWING MOXEE GOLD IPA(ストーンブリューイング モクシー ゴールド インディアペールエール)

同ブリュワリーのアイコン、ガーゴイルが描かれているのは言うまでもありません。

そして、その背景にはホップ農場の風景画が描かれています。

リリース:2019年2月11日

使用ホップ:El Dorado、Centennial

このビールはビール醸造の背後にいるホップ農場で働く人たちへのトリビュート、つまり感謝や尊敬を表して作られたビールです。

ワシントン州MoxeeにあるCLSファームで栽培・収穫されたCentennialホップとEl Doradoホップを使用することにより作られたビール。

こうやって特定農場のホップやモルトを使用することでそれらの生産者も知られることになり、ビールを醸造するブリュワリーだけが潤うのではなくその裏方で頑張っている人たちにも陽が当たる。

とても良いことだと思います。

ブリュワリー所在地

アメリカ合衆国 カリフォルニア州 エスコンディード

ビール種別

インディアペールエール

アルコール度数

7.0%

IBU

56

テイスティングノート

香り

プルタブを開けた瞬間に香るパイナップル、そして柑橘系(特にレモン)のようなフルーティな香り。

グラスに注ぐとそのフルーティな香りに加えカラメルのような甘い香りも感じます。

泡立ち

真っ白でフワフワ、コシのある泡が2cmほど立ち上がります。

かすかに濁った淡いオレンジゴールド。

テイスト

まずビールを口に運んでから鼻腔で感じる香りはカラメルのような甘さを感じさせる香り。

そして口の中に広がる味わいはまず苦味がきて、その後にセンテニアルホップとエルドラドホップが織りなす複雑なフレーバーが舌を駆け巡ります。

また甘味も十分に感じ取ることができとてもバランスのとれた味わいです。

後味には甘味よりも苦味の方が強く残ります。

カーボネーションはミディアムですが、きめ細やかなバブル感で口当たりソフトです。

おわりに

さすがはストーンブリューイング、美味いビールです。

アロマはセンテニアルホップで、フレーバーはエルドラドホップでといった感じでしょうか。

こうやってたまにはオーストラリア以外のビールを味わってみるのもいいですね。

>>>「ストーン モクシー ゴールド IPA」に似たビール

 

コメント