「オールインブリューイング アライブレイト リーブアーリー」パンチ力抜群のIPA!

 

オールイン ブリューイングシリーズの最後を飾るのはアライブ レイト リーブ アーリー ウエストコーストIPA

このビールはウェブサイトのコア・レンジ、シーズナル・レンジのどのカテゴリーにも載っておらず、Facebookで見つけた一本で、リミテッドリリースのビール。

 

IPAにも様々なタイプがありますが、ウエストコーストIPAでリミテッドリリースとなれば私にとって買いに走らなきゃいけないビール 笑

とにかくどんなビールなのか早く飲みたーい

ALL INN BREWING CO. : ARRIVE LATE, LEAVE EARLY WEST COAST IPA(オールイン ブリューイング : アライブレイト リーブアーリー ウエストコーストIPA)

トロピカルな海岸を思わせるようなヤシの木に太陽、中央には中指と薬指をクロスさせた手首がビールグラスから出ているラベルデザイン。

Instagramの動画を見ていただくとわかりますが、これまでのトランプを基調としたラベルデザインとは異なっており、背面に描かれている地図も描かれていません。

 

View this post on Instagram

 

@allinnbrewingco “Arrive Late Leave Early” West Coast IPA #beerlabeldesign #beerlabel #australiancraftbeer #allinnbrewingco #ipa #westcoastipa

A post shared by Enjoy★Beers🍻 (@australian_beer_label_360) on

ブリュワリー所在地

クイーンズランド州、ブリスベン、バンヨー

ビール種別

ウエストコーストIPA

アルコール度数

7.0%、2.1スタンダードドリンクス

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

まず缶のプルタブを開けるとパッションフルーツ、ピーチ、ネクタリンのようなフルーティな香り。

そしてビールをグラスに注ぐと松脂のツンとした香りを感じます。

さらにビールを口に含んで鼻腔に抜け渡る香りは松脂の香り、そして草っぽい大地の香り。

泡立ち

真っ白ですがちょっと粗めの泡、グラスの淵近くまで立ち上がります。

クリアーなオレンジゴールドカラー

テイスト

パンチの効いた強力なホップの旨味がブワッと口中に広がり、その後にほんのりとした甘味が追って現れてきます。

また、若干の酸味も感じ取ることでき、後味にはやはりそのパンチの効いたホップの苦味がずっと残ります。

カーボネーションはミディアムハイ、ミディアムボディ。

おわりに

うーん、と唸り声が出るほどに美味い!

このビールを含めオールインブリューイングのIPAを3本紹介しましたが、それぞれが全く違った方向性のビールたち。

でも個人的には3本の中では最初に飲んだレッグブレーカーが私の好みで、バランス良い飲み口かな。

オールインブリューイングの飲む機会があったらぜひ試してください。

>>>「アライブレイト リーブアーリー ウエストコーストIPA」に似たビール

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント