ワインとビールのハーモニー「ボッドリジー ズータードゥーズィ」はシャープな酸味でドライな味わいのサワービール!

南半球のビール業界では3月と4月はホップのピッキングの時期にあたるのですが、この2ヶ月はワイン業界にとっては収穫の最後の時期に当たります。

なぜこんなワインの収穫期の話が当ビールブログにでてくるかというと、今回ご紹介するボッドリジー ズータードゥーズィに関係するからです。

実はこのビール、ブドウとモルトのハイブリッドビール。

実際アルコール類って醗酵させた飲み物ですからワインもビールも親戚にあたるようなものですが、それを原料に使ってしまうなんんて発想は初めて聞きました。

またこちらのビールはケトルサワーという製法でつくられています。

ここでケトルサワリングとは、

ビールの世界の中では比較的新しい技術革新である。糖化工程が完了した後、麦汁を煮沸釜に移す。そしてホップを投入する前に、ラクトバチルスという、糖を発酵させ乳酸に変える菌を入れる。ケトリサワリング中の麦汁が1、2日で望ましいレベルの酸度に達すると、煮沸してラクトバチルスを殺菌し、ホップを投入する(一部、ホップを全く入れないケトルサワーもある)。その後は、各ブルワーが選んだ方法で発酵をする。(ジャパン・ビア・タイムズより)
とのこと。
ビールも日々研究されて新しい製法が生み出されているわけですね。
スポンサーリンク

ビール詳細

BODRIGGY BREWING COMPANY : ZOOTER DOOZY(ボッドリジー ブリューイングカンパニー : ズータードゥーズィ)

500ml缶にアーティスティックでオシャレな絵柄が描かれたラベルデザイン。

産地

245 Johnston St, Abbotsford VIC 3067

ビール種別

サワーエール

アルコール度数

5.1%

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

プルタブを開けると何だろうこれは白ワインのような香りをかすかに感じます。

グラスに注ぐと麦の香りとワインの香りが混じったような香りです。

泡立ち

ほとんど泡立ちません

クリアーな明るいオレンジゴールド

テイスト

最初にビールを口に運んでから鼻に抜ける香りは酸味を感じる麦の香り。

サワービールなのでもちろんのっけから酸味が口中に広がります。甘味はほとんど感じることはなく酸味一色。

ぶどうを使っているだけあってその風味が小麦のビールの酸味と違ってシャープな酸味(?)という感じの味わい。

後味はスッキリしておりかなりドライに仕上がっています。

カーボネーションはかなりライト、ほとんどバブル感を感じません。

おわりに

ヨーロッパとかでは断然サワービールは飲まれるんでしょうけど、私はどうもサワー系のビールは苦手です。

やっぱりホップの苦味がガツンときいているビールの方が何だかシャキッとくるというか・・・

ワインとビールのコラボということで一度ワイン好きの方に味を確認してもらうというのもアリかもしれませんね。

>>>「ボッドリジー ズータードゥーズィ」に似たビール

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

SOUR/GOSE/OTHER ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント