濁り具合が美味しさを物語る?「ブリッジロード ヘイジーブリング」ジューシーでホップの旨味全開のNEIPA!

IPAと一口に言ってもかなり広範囲ですよね。

一般的なIPA、ダブル/インペリアルIPA、ブラックIPA、セッションIPA、ウエストコーストIPAなどなど。

 

そして今回は、ニューイングランドIPAに分類されるブリッジロード ヘイジーブリングです。

ニューイングランドIPAは、フレッシュなホップを大量に使用して香り付けをし、ソフトな口当たりを重視、そして苦味を抑えたビアスタイル。

エンジョイ★ビアーズでも過去に何本ものニューイングランドIPAをご紹介しています。

 

さて、今回のビールはどんな味わいなのでしょうか。

BRIDGE ROAD BREWERS : HAZY BLING(ブリッジロード ブリュワーズ : ヘイジーブリング)

ラベルは缶の上部には色々なロゴがプリントされており、ボディ部分にはステッカーが貼り付けられています。

ステッカーのデザインはブリュワリー名と製品名の「Hazy Bling」が漫画チックに描かれているもの。

そして、モルトとホップの度合いを示すパラメーターがラベル下部に表示してありますね。

ブリュワリー所在地

ビクトリア州 ビーチウォース

ビール種別

ニューイングランドIPA

アルコール度数

6.5%

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

プルタブを開けるとオレンジジュース?グレープフルーツ?かというくらいに柑橘の香りを強く感じます。

グラスに注ぐと柑橘の香りに加え、マンゴーのような甘い香りやパッションフルーツのような香りも感じます。

そしてビールを口に含むとそれらのフルーティな香りはかき消され、ホップの青々しい香りが鼻腔に抜け渡ります。

泡立ち

濃いベージュがかった色のキメの細やかな泡が人指し指半分ほど立ち上がります。

かなり濁ったオレンジコッパーカラー

テイスト

香りが鼻腔から抜け渡った後に口の中に広がるのはジューシーなホップの旨味。

ビールを舌の上に留めておくとフルーティな味わいと苦味がジワーッと広がってくる感じがたまりません。

そして、苦味にはちょっとスパイシーさを感じ、最後の後味はその苦味がジンワリと残ります。

カーボネーションは驚くほど低く、口当たりソフトです。

おわりに

IPAデーに因んでIPAとつくビールを飲みまくっていますが、やっぱり美味いですねー。

特にここ最近ではIPAの中でもニューイングランドIPAのジューシーさに惹かれています。

>>>「ブリッジロード ヘイジーブリング」」に似たビール

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

NEIPA/HAZY IPA ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント