「テントウズ ファイアーホーク」フルーティでジューシーな特徴的なホップの旨味を味わえるIPA!

今回はテントウズ ブリューイングのビールでも、ちょっと絵柄が違うファイアーホーク HAZY IPAです。

これまで500本以上のビールを飲んできて、コアレンジのビールとは違ったデザイン画が描かれているのは季節限定ビールの傾向にあります。

特にHAZY系のビールは多くのブリュワリーが季節限定で作っているようです。

さて、今回のファイアーホーク、一体どんな味わいなのか楽しみです!

ビール詳細

10 TOES BREWING : FIRE HAWK HAZY IPA(テントゥズ ブリューイング : ファイアーホーク ヘイジー IPA)

ブリュワリーのロゴである「10 TOES BREWING」が描かれておらず鷹が描かれているラベル。

Instagramのショートムービーを見ていただくとわかりますが、コアレンジとの違いがはっきりとしています。

ブリュワリー所在地

4/127A Sugar Rd, Alexandra Headland QLD 4572

ビール種別

ニューイングランドIPA

アルコール度数

6.2%、1.8スタンダードドリンクス

IBU

テイスティングノート

香り

缶のプルタブを開けるとグレープフルーツ、パッションフルーツ、ピーチのようなフルーティな香り。

ビールをグラスに注ぐとホップの青々しい香りに変わります。

ビールを口に含むとフルーティさ、ホップの青々しさ両方が鼻腔に抜け渡ります。

泡立ち

かなり粗めの泡が2cmほど立ち上がります。

濁りのあるイエローゴールド

テイスト

ビールを口に含んだ時の香りがそのまま舌の上に広がったかのようにホップのジューシーな旨味がジュワーっと広がります。

NEIPAですが苦味も十分にあり、その苦味はホップの青々しさが際立ったかのような味。

後味にもその苦味がずっと後を引く感じです。

泡立ちから想像するような舌触りの悪さはなく、キメの細やかなバブル感でミディアムボディ。

おわりに

なんだか特徴的な味わいだなと思ったらMosaicホップが使われているようです。以前飲んで印象的だったのと似てるなぁと思いました。

やっぱりNEIPA/Hazy IPAはいいですね、クセになっています。これからもどんどん飲んでいきます!

>>>「テントウズ ファイアーホーク」に似たビール

 

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

NEIPA/HAZY IPAビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント