「ホップネーション ビアデッド シール」ホップの旨味が全開でかなりジューシーなNEIPA!

今回はホップネーション ビアデッド シールというビールの紹介です。

これまでのホップネーションのビールラベルとちょっと趣向が違うなと思いましたが、ノルウェーのLERVIGというブリュワリーとのコラボのようです。

最近ではこういった海外のブリュワリーとのコラボが流行りなのでしょうかね。。。

それはさて置き、早速飲んでみましょう。

HOP NATION BREWING CO. : BEARDED SEAL DDH HAZY IPA(ホップネーション ブリューイング : ビアデッド シール DDH ヘイジー IPA)

髭をはやしたSeal(あざらし)に腕を回して横たわっているおじさんが描かれているラベル。

ラベルのデザインはおそらくLERVIGのデザインをベースに描かれているのではないでしょうか。

ラベル全体像はInstagramにアップしているのでそちらの動画でどうぞ。

 

View this post on Instagram

 

Bearded Seal DDH Hazy IPA @hopnationbeer #beardedseal #ddhhazyipa #hazyipa #hopnationbrewing #australiancraftbeer

A post shared by Enjoy★Beers🍻 (@australian_beer_label_360) on

ブリュワリー所在地

6/107-109 Whitehall St, Footscray VIC 3011

ビール種別

ニューイングランドIPA

アルコール度数

8.0%、2.4スタンダードドリンクス

IBU

テイスティングノート

香り

缶のプルタブを開けるとグラッシーな青々しいホップの香り、何かのスパイスのような香り

ビールをグラスに注ぐとそのグラッシーな香りを強く感じます。

ビールを口に含んで鼻腔に抜け渡る香りは松脂のような香り

泡立ち

粗めの泡が5mmほど立ち上がりすぐに消えます。

かなり濁りのあるオレンジ色

テイスト

まずジューシーなホップの旨味が口中に広がります。

アルコール度数が高めの割にアルコール臭がなく、マンゴーやパインなどトロピカルフルーツの味わいでほのかに甘味があり、もちろん苦味は控えめ。

また、飲みおわりに胡椒のようなピリッとしたスパイシーさもありますが、後味は若干甘味が残るもののスッキリしています。

ミディアムボディでカーボネーションはかなり低め、じっくり味わっていたら最後の方はほとんど炭酸が抜けた状態でした。

おわりに

非常にジューシーでビールというよりスパイスの効いたカクテルのよう。

たまに思うのですが、もうこんなクラウディーでジューシーな味わいだとビールではなくなんか別の飲み物のよう。

>>>「ホップネーション ビアデッド シール」に似たビール

 

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

NEIPA/HAZY IPAビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント