「クーパーズ ヘイジーIPA」大手としては頑張ってるけど、ちょっと残念な味わいかなぁ。。。

今回久しぶりにクーパーズ ブリュワリーのビールを飲んでみます。というのも季節限定のビール、ヘイジー IPAがリリースされているのを見つけたためです。

以前も書きましたが、クーパーズブリュワリーはクーパーズ一族によって株式が強固に守られており、オーストラリア国内での売り上げ第3位にも登ります。

一族経営で他の大手ビールグループに引けをとらないのはすごい事ですね。

そんなクーパーズもこのクラフトビールブームの波に乗りたいのか、このHAZY系ビールをリリースしてきました。

一体どんな味わいなのか、早速飲んでみたいと思います。

スポンサーリンク

ビール詳細

COOPERS BREWERY : HAZY IPA(クーパーズ ブリュワリー : ヘイジー IPA)

まぁ、クーパーズお決まりのロゴマークですね。ただ「Limited Edition」と表記は入っていますが。

実はこのビール、他のクラフトビールとあまり変わらない値段で、私が購入したお店では1本当たり$7.00ドル、4本パックで$22.00くらい。

大手にしてはちょっと強気の値段設定ですね。

ブリュワリー所在地

461 South Rd, Regency Park SA 5010

ビール種別

IPA

アルコール度数

6.2%、1.8スタンダードドリンクス

IBU

27

テイスティングノート

香り

缶のプルタブを開けるとアップル、洋梨のような香りで、これまでに飲んだ他のビールと同様の香りのようです。

ビールをグラスに注ぐとこんもりと立ち上がった泡に隠れてか、麦のような香りだけしかしません。

ビールを口に含んで鼻腔に抜け渡る香りはフルーティさもありますが、どこかイースティな?酸味のある香り。

泡立ち

真っ白で粗めの泡がこんもりとグラスのふちまで立ち上がります。

かなり濁りのあるアンバーカラー

テイスト

まずちょっとえぐ味のある苦味を感じ、その苦味がジワっと広がるとともにアルコール臭が追って顔を出してきます。

クーパーズモルトの旨味がその苦味によってかき消されているようにも感じます。

そしてそのえぐ味ある苦味が後味として舌に残り続けます。

炭酸感はミディアムで、ミディアムボディ。

おわりに

大手のビール会社のHazy系ビールとしては頑張ってるかなーといった感じですが、どうしてこれまでに飲んだクーパーズの味わいとほぼ変わらない味わい。

やっぱりこれまでに飲んできた独立系クラフトブリュワリーに比べると、値段が同じなら見劣りする残念なビールかなぁ。。。

>>>「クーパーズ ヘイジーIPA」に似たビール

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント