「エンデバー スタックド IPA」バランスのとれた美味しさだけどちょっとパンチ力不足

オーストラリア産の原料、そしてオーストラリアの大自然から影響を受けたものだけを使用してビールを醸造しているエンデバーブリューイング。

エンジョイ★ビアーズでも過去に1本だけリビューしています。

6種類のモルトのハーモニー「エンデバー リザーブ アンバーエール」クリーミーで口当たりなめらかなビール!
今回はエンジョイ★ビアーズ初登場のブリュワリーのビール、エンデバー リザーブ アンバーエールです。 設立者のBen Kooymanの夢であったワインと同じくらい風味豊かな味わいを持ったビールを作ること。 友人AndyとDanの助けもあって資金繰...

 

さて、今回はそのブリュワリーのビール、エンデバー スタックド インディアペールエールですが、このビールは2019年7月分のビールとしてCraft Cartelより送られてきたビールです。

ニューサウスウェールズ州のビールなので私の住むクイーンズランド州ではあまり見かけません。

そういった手に入りにくいクラフトビールはやっぱりオンラインで購入するに限りますね。

前回のビールはよく作り込まれた味わいだったので今回もちょっと期待大です。

ENDEAVOUR BREWING CO. : STACKED IPA(エンデバー : スタックド インディアペールエール)

以前に飲んだリザーブアンバーはボトルでしたが、今回は缶タイプのもの。

「E」のロゴマークはボトルのものと変わりありませんが、その周りにホップの絵柄が散りばめられているデザイン。

使用モルト:Pale、Wheat、Munich、Medium Crystal

使用ホップ:Galaxy、Ella、Vic Secret

ブリュワリー所在地

ニューサウスウェールズ州 ザ ロックス

ビール種別

インディアペールエール

アルコール度数

6.3%

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

プルタブを開けると柑橘の香りがかすかに立ちこめます。

グラスに注ぐとその柑橘の香りに加えて甘いトフィーのような香りも感じます。

そして一度ビールを口に含むとフルーティな香りは消え、トフィーのような香りが強く鼻腔に抜け渡ります。

泡立ち

ベージュがかった色でフワフワの泡が指2本分くらい立ち上がります。

濁りのあるオレンジアンバーカラー

テイスト

まず最初にパインニードルのような味わいでホップの旨味が口の中に広がります。

その後にモルト由来の甘味でしょうか、トフィーのような甘さがそのホップの味わいを覆い隠すかのようにゆっくりと口中に行き渡ります。

ビールが口からなくなりその後味にはホップの苦味がジンワリと残ります。

カーボネーションはミディアム。

おわりに

ホップの旨味、モルトの甘味とかなりバランスの良いビールです。

ですが、IPAにしてはちょっとパンチ力不足かな・・・何か物足りなさを感じます。

>>>「エンデバー スタックド IPA」に似たビール

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

IPA ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント