6種類のモルトのハーモニー「エンデバー リザーブ アンバーエール」クリーミーで口当たりなめらかなビール!

 

今回はエンジョイ★ビアーズ初登場のブリュワリーのビール、エンデバー リザーブ アンバーエールです。

 

設立者のBen Kooymanの夢であったワインと同じくらい風味豊かな味わいを持ったビールを作ること。

友人AndyとDanの助けもあって資金繰りも目処が立ち、その夢が現実となったのは2010年のことでした。

Endeavour Brewingではオーストラリア産の原料、そしてオーストラリアの大自然から影響を受けたものだけを使用しているとのこと。

彼らの作るビールはヨーロッパのモルトスタイルと北アメリカのホップ文化を取り入れ、オーストラリア独特のスタイルのビール。

 

バランスよく、エレガントでセッショナブルなビールを作り上げているEndeavour Brewing、さて、味わいはいかに?

 

スポンサーリンク

ビール詳細

ENDEAVOUR BREWING CO. RESERVE AMBER ALE(エンデバー ブリューイング リザーブ アンバーエール)

ブリュワリー名であるENDEAVOURの「E」がロゴマークで、その周りに麦とホップがあしらわれているラベルデザイン。

使用モルト:Westminster Pale、Crystal、Dark Crystal、Chocolate Malt、Munich Malt、Caramalt

使用ホップ:Topaz、Ella

産地

ニューサウスウェールズ州 ザ ロックス

ビール種別

アンバーエール

アルコール度数

5.2%

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

栓を開けるとカラメルのような甘い香りとかすかにチョコレートのような香りも感じます。

グラスに注ぐとトフィーカラメルのような甘い香りが強く立ちこめます

泡立ち

ブラウンがかったキメの細やかな泡が1cmほど立ち上がります。

濁りのあるダークアンバーカラー

テイスト

ビールを一口口に含んでから鼻に抜ける香りは栓を開けた時の香りが強く鼻に抜け、それに加え麦の香りも感じます。

香りを感じた後まず口中に広がるのはカラメルのように甘いモルトの味わい、そしてビターチョコレートのようなほんのりとした苦味が最初に感じた甘さを包み隠します。

後味はカラメルのような甘さがジンワリと残ります。

カーボネーションはキメの細やかなバブル感で口当たりなめらか。

おわりに

クリーミーで口当たりなめらかなアンバーエール、6種類のモルトのハーモニーをじっくり味わいたいビールです。

オーストラリア・シドニーを訪れた際にはぜひタップルームでも味わってみたいと思います。

>>>「エンデバー リザーブ アンバーエール」に似たビール

コメント