なぜに酸っぱい?「ブリッジロード メイデイヒルズ ジャム」IPAとして飲むと期待はずれ

 

今回も当ブログ初登場のブリッジロードブリュワーズ。

今回はこのブリュワリーと地元ジャム生産者がコラボして作り上げられたビールであるブリッジロード メイデイヒルズ ジャムを飲んでみます。

このビールもCraft Cartelより2018年10月分として送られてきたビールのうちの1本です。

ジャムとビールのコラボ、果たしてどんな味わいなのか?

THE BRIDGE ROAD BREWERS MAYDAY HILLS JAM(ブリッジロード ブリュワーズ メイデイヒルズ ジャム)

ピンクのラベルがひときわ目を引きます。これもストロベリージャムを意識してのカラーなのでしょうか。

そして、地元のジャム生産者Jim Jamとのコラボ。

地元企業が互いにコラボし合い製品を生産しアピールしていくのって良いことですよね。

産地

ビクトリア州 ビーチウォース

ビール種別

アイピーエー

アルコール度数

5.9%

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

酸味のある小麦の香りがかすかに香ります

泡立ち

少し粗めの泡立ち

濁りのある濃いオレンジゴールド

テイスト

口に含んだときの香りも最初に感じた酸味のある小麦の香り

クリスピーな炭酸感で飲んでいてリフレッシュ感あり

ビールが喉もとを過ぎるころにモルティな甘み、ホップの苦味がジワリと口中に広がります

イチゴジャムを使っているだけあってIPAの味わいは打ち消されている感じ

後味に独特の酸味がツンと残ります

おわりに

イチゴジャムとIPAのコラボ。

初めて飲みましたが、それぞれ別々に味わった方がよかったと思うのはわたしだけでしょうか。

苦味よりも酸っぱいビールが好きなら試してみる価値ありでしょうが、わたしの口には合いませんでした。

参考ブリッジロードブリュワーズのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

コメント