ブリュワーの仕業?「デイントン コングジュース」甘くて飲み応えあるヘビーなHAZY IPA!

今回はまたもやデイントン ブリュワリーからリミテッドリリースのビール、コングジュース ダブル HAZY IPAです。

ここ最近は”HAZY IPA”、そして”ラベルが面白い”、この二つが揃っていれば即購入みたいになってしまってます 笑

では、早速飲んでみることにします。

スポンサーリンク

ビール詳細

DAINTON BREWERY : KONG JUICE DOUBLE HAZY IPA(デイントン ブリュワリー : コング ジュース ダブル ヘイジー IPA)

ビルの屋上でホップを人質にとって暴れているキングコングと、その人質のホップを助けようと飛行機から攻撃しているホップが描かれている面白いラベル。

ラベル全体像はInstagramにショートムービー

ブリュワリー所在地

560 Frankston – Dandenong Rd, Carrum Downs VIC 3201

ビール種別

ニューイングランドダブルIPA

アルコール度数

355ml、8.0%、スタンダードドリンクス

IBU

45

製造日

2021年2月(パック詰)

Best Before 2021年11月

テイスティングノート

香り

缶のプルタブを開けるとグレープフルーツやオレンジのような柑橘の爽やかな香りが強く漂います。

ビールをグラスに注ぐとホップのグラッシーで青々しい香り。

ビールを口に含んで鼻腔に抜け渡る香りはそれまでと違い、トフィーのように甘くフルーティさがなくなります。

泡立ち

グラスの外からは粗めの泡に見えますが真ん中あたりはキメの細やかな泡で1cmくらい

かなり濁りのあるイエロー。

テイスト・感想

まずはとにかく甘さが先走りするかのように広がり、その後にホップの旨味が広がるような感じのビール。

苦味はHAZY IPAにしてはちょっと尖ってるかなという印象ですが、ジューシー感もあって飲み応えあります。

また、若干ピリッとしたスパイシー感も感じます。

後味には甘味、苦味それぞれ残りますが最後の最後には苦味が勝っています。

ミディアム-ヘビーなボディで、炭酸感は低め。

おわりに

一つ前のデイントンのビールもそうでしたが、どうもこのブリュワリーのビールは甘味が強いように感じます。やっぱりブリュワーがそう仕込んでいるのでしょうかね。

あー、それと上で書きませんでしたが、アルコール臭はほとんど感じません。これ結構重要です!

>>>「デイントン コングジュース」に似たビール

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

IIPA NEIPA/HAZY IPA ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント