レモンのような酸味が美味い「ガレージプロジェクト ホワイトミスチーフ」はピーチ味のホワイトビール!

自宅のガレージで始めた趣味や好きなことが講じてビジネスに発展。

オーストラリアに限らず西洋圏ではいろんなビジネスがガレージから始まっているように思うのは私だけでしょうか。

 

クラフトビールの世界も同じで、ビールがたまらなく好きで自宅のガレージで醸造しては友人たちと飲んでいたのをもっと他の人にも楽しんで欲しくてビジネスに発展させるといったように。

Garage Project(ガレージ・プロジェクト)というブリュワリーもニュージーランドのとあるガレージから始まりました。

 

今回はPete Gillespie、Jos Ruffell、Ian Gillespieの3人によって設立された同ブリュワリーのビール、ガレージプロジェクト ホワイトミスチーフです。

 

スポンサーリンク

ビール詳細

GARAGE PROJECT : WHITE MISCHIEF SALTED WHITE PEACH SOUR(ガレージプロジェクト : ホワイトミスチーフ ソルティッド ホワイトピーチ サワー)

ラベルは白と黒のウサギがいろんな体位で絡み合っている絵柄が描かれています。

最初は気づきませんでしたが、よくよく見てみるとエロです。

でも、これって目につくラベルに描いちゃって良いんでしょうかね。

それともラベルデザインで手にとって買わせようという戦略でしょうか。

原産国

ニュージーランド ウェリントン

ビール種別

ホワイトビール

アルコール度数

2.9%

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

プルタブを開けるとピーチの微かな香りを感じます

グラスに注ぐとピーチの香りとともに小麦の香りを強く感じます

泡立ち

きめの細やかや真っ白い泡がグラスに注いだ直後に立ち上がりますがほどなくして消えます

シャンパンゴールド

テイスト

一口ビールを口に含んでから鼻から抜ける香りはピーチそのものの香り。

きめの細やかなバブル感を舌で感じるけど飲み口はかなり軽やか。

香りを感じた直後に口の中に広がるのはレモンのような酸味で苦味は一切感じない

後味にやっぱり少しの塩っ気を感じますが、嫌な味などは一切残りません。

おわりに

アルコール度数も低いし食前にサラッと飲めます。

苦味もなく口当たりもまろやかなのでビールの苦味が苦手って人にはオススメかも。

参考ガレージプロジェクトのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

SOUR/GOSE/OTHERビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント