「ヘリオス ザ ゴッデス ラヴィシング」ライ麦モルトの風味をじっくりと味わえるスパイシーなビール!

今回はヘリオス ブリューイングの3本目、ザ ゴッデス ラヴィシングです。

 

ギリシャ神話で登場する女神は5人、アテナ、アフロディーテ、アルテミス、ガイア、ヘラです。

その中でも「美と愛の神」であるアフロディーテ(ヴィーナス)。

とにかくアフロディーテを見た者は誰もが妻に迎え入れたいと望むほどの美貌を持っていたとされています。

 

そんなアフロディーテをラベルデザインにもつビール、ザ ゴッデス ラヴィシングって一体どんなビールなのでしょうか。

HERIOS BREWING COMPANY : THE GODDESS RAVISHING RED RYE(ヘリオス ブリューイング カンパニー : ザ ゴッデス ラヴィシング レッド ライ)

Goddness=女神が描かれたラベルザイン。

ラベルの絵柄は「美と愛の神」であるアフロディーテがモチーフとなっているのでしょう。

通常アフロディーテの髪はブロンドで描写されますが、ラベルの絵柄は赤毛で描かれています。

ビールのカラーと一致させたのでしょうか。

ブリュワリー所在地

クイーンズランド州 ブリスベン ヤロンガピリー

ビール種別

エール

アルコール度数

5.7%

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

まず缶のプルタブを開けるとかすかにですがカラメルのような甘い香りとオーク樽のような香りも感じました。

そしてグラスに注ぐとこれまたかすかにですがチョコのような香りも感じます。

さらにビールを一口口に含んだ時にはカラメルのような香りとチョコの香りがそれまでより強く鼻腔に抜け渡ります。

泡立ち

ブラウンがかった色合いの泡が2cmほど立ち上がります。

光をあてると透過するルビーレッドのような色合い

テイスト

香りを感じた後に口の中に広がるのはそのスパイシーな味わいとその甘味で、その後にジワジワと広がるホップの苦味。

後味にもそのスパイシーな風味と苦味が舌の上にずっと残ります。

カーボネーションは低めで、口当たりはソフト。

おわりに

ライ麦モルトのスパイシーな味わいが如実に表れています。

もうこういった味わいに慣れてしまったのでどうってことないですが、日本の薄味ラガー/ピルスナーを飲んでばかりでこんなのを飲んでしまうとその味わいにビックリするかもしれません。

>>>「ヘリオス ザ ゴッデス ラヴィシング」に似たビール

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

ALE ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント