「ニューステッド ホップトピア」フルーティな香りとホップのジューシーな旨味を味わえるIPA

毎年8月の第一木曜日はインターナショナルIPAデーということで、私もいくつかのIPAを購入してきました。

エンジョイ★ビアーズでも順次紹介していきたいと思います。

 

まず、今回はニューステッド ブリューイングよりInternational IPA Dayのために作られたビール、ホップトピア ナチュラル ホップ IPAです。

 

同ブリュワリーの公式ウェブサイトによると2種類のIPAがこの日のために作られているようですね。

写真は同ブリュワリーの公式ウェブサイトより

今回たまたま手に入れることができたのは写真向かって左側のIPAでした。

さて、一体どんな味わいなのか。

スポンサーリンク

ビール詳細

NEWSTEAD BREWING CO. : HOPTOIA NATURAL HOP IPA(ニューステッド ブリューイング : ホップトピア ナチュラル ホップ IPA)

ラベルは樹木がアーティスティックに描かれたいるデザインのもの。

これまでに飲んだコアレンジのビールのラベルとは少し違い、スペシャル感がありますね。

ブリュワリー所在地

ニューステッド ブリューイング:ブリスベン ニューステッド

ビール種別

インディアペールエール

アルコール度数

5.8%

IBU

38

テイスティングノート

香り

缶のプルタブを開けるとピーチ、パッションフルーツ、マンゴーのようなフルーティな香りが漂います。

グラスに注ぐとそのフルーティな香りに加えてかすかにホップの青々しい香りも感じます。

そしてビールを一口口に運ぶとそれまでの香りが消え、松の香りが鼻腔に抜け渡ります。

泡立ち

真っ白でフワフワの泡がグラスのトップまでモコっと立ち上がります。

かすかに濁りのあるオレンジゴールド

テイスト

まずはじめに口の中に広がる味わいはホップのジューシーな旨み。

そして、苦味がジワリジワリと舌の上を覆い隠していきます。苦味はそれほどパンチが効いていませんが必要にして十分。

それと同時にモルトの甘味も感じ取ることができます。

後味には苦味、甘味両方とも残りずっと続きます。

カーボネーションはミディアムロー、口当たりソフトです。

おわりに

これまたジューシーなホップの旨味が凝縮されたようなビールです。

もうこんなビールを飲み慣れてしまったら薄っぺらい味のビールは飲めなくなってしまいます。

私もホップヘッズに違いありませんね 笑

>>>「ニューステッド ホップトピア」に似たビール

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

IPA ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント