季節限定「モード オペランディ パンゲアIPA」フルーティでクリーン、ホッピー感抜群のビール!

今回は久しぶりにモード オペランディのビール、パンゲアIPAをご紹介します。

 

このビールはInternational IPA Day(インターナショナルIPAデー)のために作られたビール。

International IPA Day(インターナショナルIPAデー)とは国際的にIPA(インディアペールエール)を祝う日で、毎年8月の第一木曜日。

この週はIPAを飲んで酔っ払ったホップヘッズたちが街に溢れかえってることでしょうね 笑

MODUS OPERANDI : PAGEA IPA(モード オペランディ : パンゲア インディア ペールエール)

定番の500ml缶に「M」と「O」がデザインされ、製品のステッカーが貼り付けられたタイプのもの。

インターナショナルというだけあって使用されているホップは、アメリカ(Cashmere)、スロベニア(Styrian Golding)、ドイツ(Magnum)、そしてオーストラリア(Galaxy)

このビールの名称「パンゲア(Pangea)」についてですが、パンゲアとは地球の全ての大陸がまだ一つの超大陸だった呼び名です。

超大陸が存在した頃、世界中の人々が優劣あることなく肩と肩を並べ、平和であり、材料やレシピそして”ビール”をシェアし合っていた意味合いを込めてこの名前がつけられているとのこと。

ブリュワリー所在地

ニューサウスウェールズ州 モナヴェール

ビール種別

インディアペールエール

アルコール度数

6.5%

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

缶のプルタブを開けるとパッションフルーツ、ピーチ、そして柑橘系の香りを感じます。

グラスに注ぐとパッションフルーツのタネを噛み砕いた時のような香りを感じます。

そしてビールを一度口に含むとそのフルーティな香りの加えてパインニードルのような香りが鼻腔に抜け渡ります。

泡立ち

ちょっと粗めですがフワフワの泡がグラスのふちまで立ち上がります

濁りのないクリアーなコッパーカラー

テイスト

香りを感じた後にはまずホップの旨味・苦味が口中に広がり、ホッピー感豊かな味わい。

そしてその後にモルトの甘味が広がり、スパイシーさもかすかに感じます。

後味には苦味と甘味が折り重なったような味わいが舌の上に残ります。

カーボネーションはミディアム

ちょっと残念なのは6.5%というアルコール度数の割にはかすかにですがアルコール臭を感じます。

おわりに

ホッピーでクリーンな味わいのビールです。

いつも飲むたびに思うのですが、モードオペランディがつくるビールはどれもホッピー感抜群です。

季節限定なのでホップヘッズは是非とも飲んでおきたい一本ですよ。

>>>「モード オペランディ パンゲアIPA」に似たビール

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

IPA ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント