「ヘリオス ミダス ゴールデンエール」クリスプな口当たりでリフレッシュ感溢れるビール!

 

皆さん、童話『王様の耳はロバの耳』という話は少なからず聞いたことがあるのではないでしょうか。

その王様である「ミダス」が今回ご紹介する製品名となっているヘリオス ブリューイングの2本目、ミダス ゴールデンエールです。

私も童話『王様の耳はロバの耳』を子供の頃に読んだことはありますが、『ミダス』がモデルになっているとは全く知りませんでした。

エンジョイ★ビアーズを始めてからいろんなことを調べ、今まで見聞きしたことが芋づる式に繋がっていってるのはいうまでもありません 笑

HERIOS BREWING COMPANY MIDAS’ GOLDEN ALE(ヘリオス ブリューイング カンパニー ヘリオス ミダス ゴールデンエール)

ギリシャ神話の中に出てくるミダス王がモチーフでしょう。

彼は触ったものすべてを黄金に変える能力(Midas touch)を持っていたそう。

このラベルではそのミダスが触ったものすべてを黄金色のビールに変えていますね。

ブリュワリー所在地

クイーンズランド州 ブリスベン ヤロンガピリー

ビール種別

ゴールデンエール

アルコール度数

3.8%

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

まず缶のプルタブを開けると柑橘、そしてかすかにパッションフルーツの香りを感じます。

そしてグラスに注ぐとそのフルーティな香りは消え、麦の香りがかすかに漂います。

さらにビールを一口口に含んだ時には麦の香りが強く鼻腔に抜け渡ります。

泡立ち

真っ白で少し粗めの泡が1cmほど立ち上がります。

クリアーなオレンジゴールド

テイスト

香りが鼻腔に抜けた後はとにかくモルトの風味が口の中全体に広がり、その後にホップの苦味がジンワリときます。

後味には苦味も残りますが最後の最後まで残るのはモルトの甘さです。

カーボネーションはミディアム、リフレッシュ感があってクリスプな口当たり。

おわりに

これ、暑い夏場にリフレッシュしたいときパブで一杯飲んだら美味そうなビールです。

と言っても、パブには卸してなさそうなのでブリュワリーに行って飲むしかなさそうですが。

>>>「ヘリオス ミダス ゴールデンエール」に似たビール

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント