IPAの深い味わいはそのまま「モーニントン ホップカルチャー」がいつまでもごくごく飲めるセッションIPA!

 

オーストラリアでもヨーロッパ系移民がおおく、グルメの街としてしられるビクトリア州メルボルン。

そんなメルボルンより少しだけ南下したPort Phillip Bay(ポート・フィリップ・ベイ)に面するMorningtonサバーブでたち上げられたMornington Peninsula Brewery(モーニントン ペニンシュラ ブリュワリー)

舌のこえた人びとを納得させるビールを醸造するのはそんなに簡単なことではないはずです。

今回はそんなモーニントン ホップカルチャーです。

ホップの旨味全開「モーニントン アイピーエー」はパンチの効いた満足度の高いアメリカンIPA!
オーストラリアでも最高の醸造所として認知されつつあるMornington Peninsula Brewery。 2018年8月現在、 コアレンジのビールが5種類 季節限定で3種類 スペシャリティビールで3種類 の合計11種...
ローストされた麦の香りと旨味「モーニントン ポーター」はマイルドでスムーズな口当たり!
オーストラリアでも評価が高いMornington Peninsula Breweryのビールたち。 行きつけのボトルショップで4種類みつけたので全部即買いしました。 今回はその最後の一本モーニントン ポーターです。 過去にのんだビールたち...
スポンサーリンク

ビール詳細

MORNINGTON HOP CULTURE(モーニントン ホップカルチャー)

爆撃機が巨大なホップの塊を攻撃してるラベルデザインが印象的です。

このデザインだけでも「なんだろう、このビールは!」と手に取ってしまいそうです。

もちろん味わいがよくなければ一回ポッキリで次からはそっぽを向かれるビールになってしまいそうですが・・・。

産地

ビクトリア州 モーニントン

ビール種別

(アメリカン)セッションIPA

アルコール度数

4.9%

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り 

ホップの爽やかな香りとオレンジピール、パッションフルーツののようなフルーティな香りが漂います

泡立ち

泡立ちもよくフワフワでコシがあります

若干濁りのあるオレンジゴールドカラー

テイスト

口にふくんでからの香りはシトラス系のフルーティな香りとアロマホップのグラッシーな香り

ミディアムボディでちょうどよい炭酸感です

ビールが喉元をすぎる頃にほどよい苦味がフワッと口のなかに広がり、最後の最後で少しだけ甘みを感じとれます。

おわりに

アルコール度数もちょうどよく、アロマホップの香りとちょうどよい炭酸感。

いつまでも飲み続けられそうなセッションIPAです。

ラベルも印象的ですが味もそれに負けず劣らずで飲み応えありのビールです。

参考モーニントン ペニンシュラ ブリュワリー のオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

コメント