「セニックリム ベルジャン アビー エール」ユニークな味わいでヘビーなビール

セニックリムブリュワリーの最後を飾るのはセニックリム ベルジャン アビィ エールです。

 

アビィエールの「アビィ」とはどんな意味なんだろうと調べたら「修道院」という意味でした。

私もベルギーにアビィビールという修道院が委託して作られるビールがあるのは知っていましたが、まだ実際に飲んだことはありません。

オーストラリアもヨーロッパの文化を色濃く残しているのはいうまでもありませんが、それにしても修道院など見当たりもしない田舎町で「アビィビール」なんてなんだかパクリ感がハンパないのですが、そう感じるのは私だけでしょうか 笑

 

とにかく飲んでみます!

SCENIC RIM BREWERY : PHAR QUE BELGIAN ABBY ALE(セニックリム ブリュワリー : ファーキュー ベルジャン アビィエール)

このアビィエールには馬の絵柄が描かれています。

普通のスタビーにステッカーを貼って製品分けをしているのは明らか、もう少しデザイン性のあるラベルにした方が売れそうな気もするのですが・・・

産地

クイーンズランド州 セニックリム マウントアルフォード

ビール種別

ペールエール

アルコール度数

6.5%

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

ボトルの栓を開けるとかすかに酸味のある香りが漂います。

グラスに注ぐと酸味とともにトフィーのような、そして干しぶどうのような香りも感じ、どことなくウィスキー?ブランデー?のような香りも。

泡立ち

ブラウンがかった泡が少しだけ立ち上がりますが、あまり泡立ちはよくありません。

ダークブラウンカラー

テイスト

ビールを一口口に運んでから鼻に抜ける香りは甘いカラメルのような香りと何かスモーキーな香り、そしてちょっとアルコール臭も感じます。

香りが鼻に抜けた後に口の中に広がるのはコーヒーやビターチョコのような苦味とスパイシーな味わいがジワジワと広がります。

後味にはハチミツのような甘味が広がりゆっくりと消えていきます。

カーボネーションは高めでちょっと舌を刺激する感じ。

おわりに

初めてアビィというタイプのビールを飲みましたがユニークで結構重たい味わいのビールでした。

本場ベルギーのアビィビールは飲んだことがありませんが同じようなのでしょうかね。

一度本場のビールを試してみなければなりません。

>>>「セニックリム ベルジャン アビー エール」に似たビール

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

PALE ALEビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント