ジックリと味わいたい「セニックリム ギディ ガウト ミルクスタウト」濃厚なビターチョコの味わいが広がるビール!

 

セニックリムブリュワリーの第2弾はセニックリム ギディ ガウト ミルクスタウトです。

 

セニックリムブリュワリーがビールを作るのは彼らが愛する地域とその地域に住む人々を祝うため。

何度も書きますがオーストラリアのマイクロブリュワリーが目指すものはブリュワリーのある地域を大切に、その地域にしっかりと根付き貢献すること。

小さいブリュワリーでも誇りを持ってビールを作り、みんなに提供しています。

 

でも、提供される側のお客は飲みすぎてはいけません。

飲みすぎちゃうとこのビールの名前のようになってしまいます・・・

スポンサーリンク

ビール詳細

SCENIC RIM BREWERY GIDDY GOUT MILK STOUT(セニックリム ブリュワリー セニックリム ギディ ガウト ミルクスタウト

このGiddy Goutには初老のおじさんが描かれています。

ちなみに「Giddy Gout」ってなんだろうと調べてみたら「目がくらむほどの痛風」とか出てきたのですが・・・

ビール飲みは注意しなければならない「痛風」、あまり飲みすぎるなって意味なんでしょうかね。

産地

クイーンズランド州 セニックリム マウントアルフォード

ビール種別

スタウト

アルコール度数

4.8%

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

スタビーの栓を開けるとビターチョコのような香りを感じます。

グラスに注ぐとチョコの香りに加え、ローストされた麦の香りを感じます。

泡立ち

ブラウンがかった泡でトップはクリーミー、下の方は粗めの泡立ちです。

漆黒のブラック

テイスト

まずビールを一口口に含んでから鼻に抜ける香りはビターチョコの香りとちょっと焦げ臭を感じるくらいにローストされた麦の香り。

まず甘味を十分に含んだダークチョコのような味わいが舌の上に広がり、次にホップの苦味ともローストホップの苦味とも言えない苦味がジンワリと広がります。

後味はカラメルのようなしっかりした甘味が残ります。

カーボネーションは低く口当たりまろやか、飲みやすいです。

おわりに

じっくりと味わいたい濃厚スタウトです。

これから冬に向かうオーストラリア(6月〜8月)の夜にピッタリな一本ではないでしょうか。

>>>「セニックリム ギディ ゴート ミルクスタウト」に似たビール

コメント