「スリップストリーム ビリーカート ライペールエール」そのスパイシーさがなんとも美味いビール!

 

みなさんBilly Cart(ビリーカート)って聞いたことがありますか?

わたしもオーストラリアに来るまで知りませんでした。

木でできた伝統的な4輪のこどもの乗りもののことをいいます。

前輪をささえるアームにヒモが取りつけられており、そのヒモでハンドルを操ります。

今回はそんなオモチャがビールの名前につけられているスリップストリーム ビリーカート ペールエールです。

実はこのブリュワリー、わたしの住むブリスベンのローカルブリュワリーでした。

ブリュワリーの住所もかなり近いのでぜひブリュワリー訪問をしたいと思います。

SLIPSTREAM BREWING CO. : BILLY CART RYE PALE ALE(スリップストリーム : ビリーカート ライ ペールエール)

ラベルはシンプルにモルトの絵がらとホップの絵がらがえがかれているデザイン。

その下にはブリュワリー名がえがかれていますがお世辞にも目をひくものではありません。

一度飲んで美味しくなければソッポを向かれるタイプではないでしょうか。

ただ、飲んでおいしいビールであれば覚えているのでそこまで問題はありませんがね。

産地

クイーンズランド州 ヤロンガピリー

ビール種別

ペールエール

アルコール度数

3.4%

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

ホップの爽やかな香りがかすかに香り

泡立ち

少し粗めの泡立ちでほどなくして消えます

澄んだ明るめオレンジコッパーカラー

テイスト

ビールを口にふくんでからモルティな香りが鼻腔にぬけます。

ちょっとあらめの泡立ちな炭酸感が舌にさわる感じです。

ビールがのど元をすぎる頃にホップのほどよい苦み、モルトの甘み、そしてスパイシーさ(ドライさ)を感じます。

そんな旨味がふくざつに絡みあって後味になってその余韻がのこります。

おわりに

Rye(ライ麦)のスパイシーさがよく表れておりドライなビールです。

アルコール度数の低さもてつだい、夏のあつい日に飲むとどうしてもガブ飲みしてしまいそうです。

参考スリップストリームのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

PALE ALEビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント