「スチームレール ラッキーアンバー」舌触りはよいけど味わいに深みのない水っぽいビール

 

マーケティング戦略にまんまとハマって購入したビールたちをどんどん飲んでいきたいと思います。

今回はスチームレールブリューイング ラッキーアンバーです。

本当にクラフトビール?「スチームレール ゴースト オブ エア」は香りも味わいも残念なビール
新しいビールを発見したらすぐに手を伸ばしたくなるのはビール好きだったら当たり前。 普段行かない大手スーパーマーケット系列のボトルショップへフラリと立ち寄ったら、見たことのないラベルを発見、すぐに買ったのはいうまでもありません。 今回はスチームレ...
暑い夏場にガブ飲みできる「スチームレール タイト レッド トッグス」は標準的な味わいのビール
前回「スチームレール ゴースト オブ エア」を飲んでからいろいろ調べてみました。 ブリュワリー名のように謳われている「Steamrail」はcolesグループのボトルショップである「Liquorland」が登録商標として所有しているとのこと。 ...

私がたどり着いたビールニュースの記事は2013年のものでした。

その当時販売しているLiqourlandの店員さんたちも「Steamrail Brewing Company」についてほとんど情報を得ていなかったのでしょう。

大企業グループの上層部広報にいる人たちと末端の販売員で全く同じ情報が共有されていないことは仕方のないことですが・・・

私にとっては美味いビールが飲めればそんな大企業のマーケティング戦略はどうでも良いのですがね。

ビール詳細

STEAMRAIL BREWING LUCKY AMBER AMBER ALE(スチームレールブリューイング ラッキーアンバー アンバーエール)

ビールジョッキを持ったおじさんが描かれているラベルデザイン。

他のスチームレールの製品と同様に絵柄はクラフトビールを意識したものでしょう。

産地

ビクトリア州 メルボルン

ビール種別

アンバーエール

アルコール度数

4.5%

IBU

26

テイスティングノート

香り

かなりかすかながらトフィーのような甘い香りを感じ取ることができます

泡立ち

勢いよく注ぎましたがあまり泡立ちはよくなくすぐに消えてしまいます

ダークアンバーカラー

テイスト

ビールを口に含んでから感じ取れる香りもかすかなものでトフィーのような甘いモルトの香り

きめの細やかさを感じさせる炭酸感で舌触りは良いですね。

甘いカラメルのような味わいを感じスムーズに飲める一方水っぽい薄い味わいが否めません

後味にもその甘さが残りますがかすかなもの、水っぽい味わいで打ち消された感じです。

おわりに

アンバーエールってもっとホップの香りがあって香ばしいカラメル香、甘味を感じさせる芳ばしいビールだと思っていたのですが、そのどれも感じ取れませんでした。

今までに飲んだアンバーエールと比べるとかなり水っぽい感じで味わいに深みがありません。

「タイト レッグ トッグス サマーエール」で少しはスチームレールに対するイメージがよくなったかと思ったらまただだ下がりです・・・

参考スチームレールブリューイングのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

ALEビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント