フルーティな香りと飲み口「ストーンアンドウッド クラウドキャッチャー」は絶対に飲んでおくべし!

 

2018-2019の年末年始ホリデーでゴールド・コーストを過ごしてきました。

ゴールド・コーストはクイーンズランド州ですが、ニューサウスウェールズ州との州境に位置します。

そのためニューサウスウェールズ州のビール、とりわけすぐ近くの都市バイロン・ベイのクラフトビールをたくさん取り揃えていました。

わたしが2018年に飲んだビールの中で第1位に選んだストーンアンドウッドのビールを限定品以外全て取り扱っていたのはいうまでもありません。

そこで今回はストーンアンドウッド クラウドキャッチャーです。

こちらのビールは「Beer from our Backyard」というレンジのビール。

以前に飲んだジャスパーエールと同じレンジですが、なかなか手に入れられずにいたので今回見つけて即買いでした。

STONE & WOOD CLOUD CATCHER AUSTRALIAN PALE ALE(ストーンアンドウッド クラウドキャッチャー)

ジャスパーエール同様に500mlのボトルです。

ボディからネックにかけて細くなっていく部分に「Stone & Wood」の刻印がされています。

使用ホップ:Galaxy、Ella、Enigma

産地

ニューサウスウェールズ州 バイロンベイ

ビール種別

オーストラリアンペールエール

アルコール度数

5.0%

IBU

表記なし

テイスティングノート

香りのような香り

グレープフルーツのようなフルーティな香り

グラスに注いでからはカラメルのような香ばしい香りも感じます

泡立ち

きめの細やかなフワフワの泡が7ミリほど泡立ちますが飲んでいくうちに消えて無くなります

ヘイジー(濁っていて)で淡いオレンジアンバー

テイスト

ビールを口に含んでから鼻から抜ける香りは柑橘系のフルーティな香りを強く感じます

キメの細やかな炭酸を舌で感じながら飲み進めると、味わいもこれまたフルーティ。

そしてパイン(松)のマイルドな味わい、かすかにトフィーのような甘い味わい、ホップのマイルドな苦味がうまく折り重なっています。

後味にはモルトの味わいでしょうか、ほんのり甘みが残ります。

おわりに

さすがストーンアンドウッド、香りから味わいまでとてもフルーティなビールです。

わたしは最初に同ブリュワリーのパシフィックエールを飲んでクラフトビールの味わいを知り虜になってしまいましたが、それに負けず劣らず美味いビールです。

フルーティなビールを飲みたければ同ブリュワリーのビールは外せません!

参考ストーンアンドウッドのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

コメント