世界が認める美味さ「ヒューガルデン ホワイト」はビールが苦手な人にも超オススメなホワイトビール!

ベルギービールといえば様々な種類がありますが、今回はヒューガルデン ホワイトを飲んでみます。

エンジョイ★ビアーズでもベルギーのビールは初登場です。

 

かいつまんで説明すると、ベルギーのブリュッセル東、ヒューガルデン村を発祥とする白ビール。

上面発酵エールタイプのビールで、苦味は少なくコリアンダーやオレンジピールによるほんのりとスパイシーで爽やかな飲み口が特徴。

14世紀にヒューガルデン村でホワイトビールが作られるようになるが、ピルスナー人気で1957年に一度途絶えています。

それから10年ほど後の1966年にヒューガルデン村出身のピエール・セリスがホワイトビール作りを再開し現在に至ります。

 

苦味が少ないためか女性にも人気のあるビールのようですね。

日本に輸入されるベルギービールの中でも常に上位に食い込んでいますし。

 

ちょっと不思議に思ったのですが、日本の酒税法では指定の副原料以外のものを使用しているのでヒューガルデン ホワイトは発泡酒として扱われています。

原産国ではれっきとした”ビール”なのに輸出された国によってビールとしては扱われない・・・なんだかなぁ

スポンサーリンク

ビール詳細

HOEGAARDEN : WHITE(ヒューガルデン : ホワイト)

ヒューガルデンのロゴ、「杖」と「鍬」

「杖」はヒューガルデン村にビールの製造方法を伝えた伝道師を意味し、「鍬」は原料となる麦などを作る農民を意味しているとのことです。

ボトルもネック部分がモコっと膨らんでいて可愛いですよね。

そしてネックの部分にもヒューガルデンロゴの「杖」と「鍬」が刻印されています。

わたしが購入したのはもちろんオーストラリアですが、日本に輸入されているヒューガルデンホワイトの裏ラベルにはグラスへの注ぎ方が描かれているみたいですね。

⑴グラスにボトル2/3のビールを注ぐ

⑵ボトルを回して沈んだ酵母を混ぜる

⑶酵母が混ざった残りのビールをグラスに注ぐ

わたしもこの手順に沿ってグラスに注いでみます。

原産国

ベルギー

ビール種別

ベルジャンスタイルホワイト

アルコール度数

4.9%

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

栓を開けたらバナナっぽい香り、酸味のあるオレンジの香り、そして青々しい草っぽい香り

泡立ち

少し勢いよく注ぎましたが泡立ちはフワフワで時間がたってもそのフワフワ感が残っています

濁りのある明るいイエロー

テイスト

ビールを口に含んでから鼻から抜ける香りはオレンジピールのフレッシュな香りとコリアンダーの香り。

きめの細かい泡立ちでしたが炭酸も同じくきめ細やかでスムーズに飲めます。

小麦の甘さとヨーグルトのような酸味が口いっぱいに広がり風味豊かなので苦味はそこまで感じません。

おわりに

あのビールの苦味が苦手っていう人にオススメなビールです(ってレビュー書いてる人はみんな言ってますね 笑)

でも、敢えて同じことを言います、「ビールの苦味が苦手な人に超オススメ」です。

ぜひ!

参考ヒューガルデンのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

SOUR/GOSE/OTHERビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント