モルトの甘味が優しい「ヴェール IPA」はガブ飲みしたい気持ちを抑えてじっくり味わいたいビール!

 

2008年にJeff Wright(ジェフ・ライト)氏を中心とする数人のクラフトビール愛好家たちによって立ち上げられたMcLaren Vale Beer Company(マクラーレン ヴェール ビア カンパニー)

立ち上げ当初醸造所はマクラーレンヴェールのとある場所に建てられていました。

2012年7月に同じマクラーレンヴェール地区内にあるWillunga(ウィランガ)に新たに醸造所が建設され、ヴェールブリューイングのメンバーはここをホームと呼んでいます。

そして2015年、ブリュワリー 設立当初から株主であったTim、Pete、MichaelのCollin3兄弟はGreg MackayとMark Rogersより全ての株を取得。

100%家族経営の会社へと生まれ変わると同時に会社名もVale Brewingへと変更されたのです。

今回はそんなヴェールブリューイング IPAを買ってみました。

VALE IPA(ヴェール インディアペールエール)

ホップはオーストラリア産Galaxy、ニュージーランド産Nelson Sauvin、US産Citraの3種類を使用。

モルトはWheat、Pale、Crystalの3種類を使用しています。

産地

南オーストラリア州 マクラーレンヴェール

ビール種別

インディアペールエール

アルコール度数 

5.5% フルストレングス

IBU

42

テイスティングノート

香り

開栓した際にパッションフルーツっぽい香りがほのかにします

泡立ち

泡立ちも良くクリーミーでが飲み進めるうちに無くなります

かなり濁りのあるオレンジアンバーカラー

テイスト

鼻腔に抜ける香りはそれほど強くはありません。

口に含むとモルトの甘味が先に顔を出しますがすぐに消えて、IPAらしい苦味が後味に残ります。

またクリスピーな炭酸感も見逃せません。

おわりに

口あたりがまろやかでモルトの甘味が優しいIPAです

特別パンチの効いたIPAではありませんが、しっかりバランスがとれておりじっくりと味わいたいビールです。

参考ヴェールブリューイングオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります

コメント