「ホワイトベイ トランスタスマン」ダブルドライホップでホップの旨味が爆発!

今回はブログ初登場となるブリュワリー、ホワイトベイ ビアトランスタスマン ヘイジーIPAというビールです。

最初は初めて見るブリュワリーだなーと思いながら手に取って買ってきましたが、缶の横にリミテッドリリースとあるじゃないですか!

なんとラッキーなことでしょうか。

でも、最初に飲むビールがリミテッドリリース、飲んでみて印象悪ければもう他のビールは飲みたくならないかも。。。

ちょっとリスキー?ですが、飲んでみたいと思います。

ビール詳細

WHITE BAY BEER CO. : TRANS-TASMAN HAZY IPA(ホワイト ベイ ビア:トランス-タスマン ヘイジー IPA)

このラベルに描かれた動物はなんでしょう?

頭はニュージーランドに住むキウイで身体から脚はカンガルー?ワラビー?のような動物が描かれています。

黒缶にラベルが貼り付けられたタイプのラベルです。全体像はInstagramでご覧ください。

使用ホップ:Galaxy、Nelson Sauvin

ブリュワリー所在地

26C Mansfield St, Rozelle NSW 2039

ビール種別

ヘイジーIPA

アルコール度数

355ml、6.2%、1.7スタンダードドリンクス

IBU

製造日

パッケージ日:2021年12月20日

Best Before:2022年6月20日

飲んだ日:2022年4月25日

テイスティングノート

香り

グレープフルーツのような柑橘の香り、わずかに松の香りも。

泡立ち

少し粗めの泡が5mmほど立ち上がりましたがすぐに消えてなくなりました。

かなり濁りのある白濁した感じの山吹色

テイスト

まずジューシーで松の風味と柑橘の風味が心地よく口中に広がります。

そしてそのホップの旨味が大地の香りというか、青々しい感じの控えめな苦味へとジワジワと変化していきます。

苦味はそのまま後味へと残り続け、特に舌の両サイドから喉へ続く根元の方で強く感じます。

キメの細やかなかなり低めの炭酸感で舌触りは少しザラつくというか何か舌にまとわり付くような感じ。ミディアム-フルなボディ。

おわりに

これはジューシーで美味い!

やっぱりダブルドライホップで風味づけされたホップの味わいはたまりませんね。

かなり印象良いので次はコアレンジのビールを探してみたいと思います!

>>>「ホワイトベイ トランスタスマン」に似たビール

 

たくさんのクラフトビールを紹介していくためにサポートお願いします!

Buy Me a Coffee

NEIPA/HAZY IPAビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ