「テントウズ ルーシッド ドリーム IPA」IPAらしいしっかりした味わいを楽しんで飲むことができるビール!

今回は当ブログ初登場となるブリュワリー、テントウズ ブリューイングIPAです。

ホップヘッズなため自分勝手なルールですが、初登場となるブリュワリーのビールはなるべくIPAを飲んでみることにしています。

さて一体どんな味わいのIPAなのか楽しみです!

ビール詳細

10 TOES BREWING : LUCID DREAMS IPA(テントゥズ ブリューイング : ルーシッド ドリーム アイピーエー)

ブラック缶のネックに「10 TOES BREWING」とプリントされており、それに製品ごとにステッカーが貼り付けられています。

ステッカーの絵柄はデザイン性が高く、ぜひ全体像をInstagramでご覧ください。

使用モルト:Pale、Munich、Crystal

使用ホップ:Ekaunot、Citra、El Dorado

ブリュワリー所在地

4/127A Sugar Rd, Alexandra Headland QLD 4572

ビール種別

IPA

アルコール度数

6.0%、1.8スタンダードドリンクス

IBU

65

テイスティングノート

香り

缶のプルタブを開けるとピーチ、パイナップル、パッションフルーツのようなフルーティな香り。

ビールをグラスに注ぐと松のような香りが加わります。

ビールを口に含んで鼻腔に抜け渡る香りはモルティな甘い香り、そして松のような香りです。

泡立ち

少しクリームがかった色合いでフワフワの泡が2cmほど立ち上がります。

微かに濁りのあるオレンジゴールド

テイスト

松っぽい香りが鼻から抜けたかと思うと、その風味を強く持ったホップのジューシーな旨味がジワっと口中に広がります。

モルトの甘味がちょっと強いせいかホップの苦味がかき消されている感がありますが、それでも十分な苦味を感じ取ることができます。

後味にはIPAらしいホップの苦味が残り続けます。

炭酸感はミディアムハイ、しっかりしたボディで飲み応えあり。

おわりに

ラベルのお洒落さに負けないくらいしっかりした味わいのIPA。

しかも私の住むクイーンズランド州ブリスベンから車で2時間、これは行って飲んでみたいなぁ

>>>「テントウズ IPA」に似たビール

 

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

IPAビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント