「ソースブリューイング エクストラホップソース」パンチが効いていてジワリと広がる苦味が最高なIPA

今回はエンジョイ★ビアーズ初登場となるブリュワリー、ソースブリューイングのビール、エクストラホップソースです。

このソースブリューイング、Mike Clarke氏が2016年にジプシーブリュワーとして設立したのが始まり。

翌2017年にシドニー市内の西部にブリュワリーを構えることとなります。

まだまだ設立間もないブリュワリーですが、一体どんな味わいなのか楽しみです。

では、早速飲んでみましょう。

SAUCE BREWING CO. : EXTRA-HOP SAUCE IPA(ソース ブリューイング : エクストラ ホップ ソース)

ホップをイメージさせるグリーンのかんにホップの絵柄が描かれているラベル。お世辞にもお洒落とは言い難いです。

とにかく全体像はショートムービーにしてInstagramにアップしているのでそちらでどうぞ。

 

View this post on Instagram

 

Extra-Hop Sauce @saucebrewing #extrahop #saucebrewing #saucebrewingco #australiancraftbeer

A post shared by Enjoy★Beers🍻 (@australian_beer_label_360) on

ブリュワリー所在地

1a Mitchell St, Marrickville NSW 2204

ビール種別

(アメリカン ウエストコースト)IPA

アルコール度数

6.2%、1.8スタンダードドリンクス

IBU

テイスティングノート

香り

缶のプルタブを開けるとパッションフルーツ、ピーチ、柑橘、そして松のような香り。

ビールをグラスに注ぐとカラメルのような甘い香りと松のような香り。

ビールを口に含んで鼻腔に抜け渡る香りは松脂の強い香り。

泡立ち

真っ白でフワフワの泡がグラスのふちまで立ち上がります。

少し濁りのあるオレンジゴールド

テイスト

青々しくて松のような風味がフワッと広がり、その後にホップのジューシーな苦味がジワっと染み渡ります。

ホップの風味を邪魔しないくらいに甘味は抑え気味、そしてそのホップの風味は松やにに似た味わいでその苦味が後味にジンワリと残ります。

カーボネーションは高でボディはミディアムロー。

おわりに

典型的なウエストコーストIPAの味わいで、飲みやすいですね。

というか、ウエストコーストIPAのレシピってやっぱり出回っているんでしょうか?

もうどこのブリュワリーも美味しいIPAを作っている気がします。

>>>「ソースブリューイング エクストラホップソース」に似たビール

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント