「フォーパインズ ニトロ パブロバ エール」甘味のお陰でホップの苦味を強く感じるビール!

この記事の少し前に「4 パインンズ x ボードライダーズ クーランガッタ」へ行ってきた記事を書きました。

で、今回はそのフォーパインズ ブリューイングの限定少量生産ビールであるKeller Doorシリーズ、ニトロ パブロバ エールです。

Keller Doorシリーズのビールも久しぶりです、では早速飲んでみましょう。

スポンサーリンク

ビール詳細

4 PINES KELLER DOOR : NITRO PAVLOVA ALE(フォーパインズ ケラードア : ニトロ パブロバ エール)

パブロバをのせた車が走り回っている絵柄のラベル。

ブリュワリー所在地

29/43-45 E Esplanade, Manly NSW 2095

過去記事で紹介している4 Pines Breweryのビールたちの「ブリュワリー所在地」でBrookvaleと表記していますが、よく調べたら2008年にManlyで創業始められています。

BrookvaleのTruckbarは2011年にオープンしています。

ビール種別

エール

アルコール度数

330mlボトル、5.1%、1.3スタンダードドリンクス

IBU

製造日

Best Before : 2021年6月

テイスティングノート

香り

パッションフルーツの香りが強く、そしてライムのような柑橘の香り、キウイフルーツなどの香りも漂います。

泡立ち

キメの細やかな泡が5mmほど立ち上がります。

少し濁りのあるオレンジゴールド

テイスト・感想

まずホップの青々しい風味や松のような風味がパッと出てきて、次に例えようのない(ラクトースが加えられたことによる?)甘味がフワッと広がります。

その甘味を感じるためかその後にくる苦味が意外にも苦く、でも後味には苦味より甘味の方が若干残る感じです。

炭酸感はミディアム-ロー、ミディアムボディでキメの細やかなバブル感でかなり口当たりソフトに感じます。

おわりに

久しぶりの4 PinesのKeller Doorシリーズ。最初はパブロバ〜???って思ったけれども、飲んでみると美味しいビールでした。

Keller Doorという少量生産の限定ビールなので見かけたらぜひ飲んでみてください!

>>>「フォーパインズ ニトロ パブロバ エール」に似たビール

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

ALE ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント