「イーサー メイヤー オブ ミルトン」コクがあってじっくりと味わって飲めるラガー

さて、シリーズ2本目はイーサー ブリューイング メイヤー オブ ミルトン

今回かなり久しぶりに飲むラガータイプのビールです。

 

ボトルショップに行ってもなかなかラガータイプのビールに手を出さなくなりました。

今回はシリーズで買っちまおうということであまりビールタイプを気にせずにカゴに放りこんだしだい。

久しぶりに飲むラガーの味わいを楽しんでみたいと思います。

AETHER BREWING CO. : MAYOR OF MILTON LAGER(イーサー ブリューイング : メイヤー オブ ミルトン ラガー)

ハットを被り正装したガイコツが描かれているラベル。

このラベルも旧ラベルで、現在は缶にプリントされたタイプになっていますね。

使用モルト:Voyager Atlas Malt

使用ホップ:Warrior、Tettnang

ブリュワリー所在地

クイーンズランド州 ノースゲイト

ビール種別

ラガー

アルコール度数

4.3%、1.4スタンダードドリンクス

IBU

22

テイスティングノート

香り

まず缶のプルタブを開けると麦の香りと少し酸味を感じさせるイースティな香り。

そしてビールをグラスに注ぐと麦の香りが強くなります。

さらにビールを口に含んで鼻腔に抜け渡る香りはやっぱり麦の香り、エール系のビールに比べると面白味がない感じ。

泡立ち

グラスに注ぐ際に少し泡立ちますがすぐに消えます。

クリアーなゴールドカラー

テイスト

モルトの風味でしょうか、フワッとした甘味を感じさせてくれるビールですね。

また苦味もしっかりしており、水っぽいラガーに比べると全体的にはコクがあって味わえると行った感じ。

後味には微かに酸味も感じますし、キレッキレではないですがスッキリ感はあります。

カーボネーションはミディアムより低め。

おわりに

クラフトビールを飲むようになってラガータイプのビールはあまり飲まなくなりましたが、クラフトブリュワリーが作るラガーは水っぽくなく、じっくりと味わって飲めるので久しぶりに飲むとその旨さを改めて感じさせてくれますね。

>>>「イーサー メイヤー オブ ミルトン ラガー」に似たビール

 

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

LAGER/PILSNERビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント