「オールイン ブリューイング ブラインド アックスマン」バランスは良いが平べったい味わい

 

オールイン ブリューイングのビールたちをどんどん飲み進めていきます。

4本目となる今回はブラインド アックスマン アンバーエール

 

アンバーエールというビールタイプはこれまでにエンジョイ★ビアーズでも10数本程度しか紹介していません。

現在のクラフトビールブームの中でもIPAなんかに比べると注目度は低いように感じます。

また、一手間かかるちょっぴり焦がした麦芽を使っているのも、どのブリュワリーもこぞって作らない理由なのでしょうか。

 

今回久しぶりにエンジョイ★ビアーズに登場するアンバーエール、早速飲んでみましょう。

スポンサーリンク

ビール詳細

ALL INN BREWING CO. : BLIND AXEMAN AMBER ALE(オールイン ブリューイング : ブラインド アックスマン アンバーエール)

目隠しをした口ひげ、特に顎ひげの長い木こりのおじさんが描かれていますね。

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

ブリュワリー所在地

クイーンズランド州、ブリスベン、バンヨー

ビール種別

アンバーエール

アルコール度数

4.6%、1.4スタンダードドリンクス

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

まず缶のプルタブを開けると微かにオレンジピールのようなフルーティな香りと甘いキャラメルのような香り

そしてビールをグラスに注ぐとそのキャラメルのような甘い香りに加えナッツのような香りを感じます

さらにビールを口に含んで鼻腔に抜け渡る香りはフルーティな香りは全くなくモルティな甘い香り

泡立ち

うすくブラウンがかった色合いの泡がグラスの淵まで立ち上がります。

ブラウンコッパーカラー

テイスト

まず先に来るのは甘さ、そしてローストされたモルトの味わいでしょうかコーヒーの風味も感じます。

甘さの後には苦味がジンワリと広がり、それがそのまま後味へと続きます。

甘さが控えめなのでモルティでもガツンとくるほどのヘビーさを感じさせず、飲みやすい部類。

カーボネーションはミディアム、少し粗さを感じさせるバブル感。

おわりに

甘すぎず苦すぎずバランスが取れており、軽くローストされたモルトの風味が美味い。

しかし、バランスが取れているといえば聞こえは良いが逆にいえば特徴のない味わいかも、もう少しひねりが欲しい。

>>>「オールイン ブリューイング ブラインド アックスマン」に似たビール

 

 

コメント