「バッドシェパード ヘイジーIPA」ジューシーなホップの旨味を堪能できるビール!

前回に引き続き今回もバッドシェパード ブリューイングのビール、ヘイジー IPAです。

こちらのIPAはコアレンジにライナップされているIPAとなります。

スポンサーリンク

ビール詳細

BAD SHEPHERD BREWING CO. : HAZY IPA(バッドシェパード ブリューイング : ヘイジー IPA)

パシフィックIPAと違い、缶にプリントされたタイプのラベル。これはコアシリーズとしてラインナップされているからでしょうか。

特に目を引く絵柄があるわけでもなく、ブリュワリーのロゴマークと製品名のみのシンプルなもの。

全体像はInstagramでどうぞ。

ブリュワリー所在地

386 Reserve Rd, Cheltenham VIC 3192

ビール種別

HAZY IPA

アルコール度数

6.0%、1.7スタンダードドリンクス

IBU

33

テイスティングノート

香り

缶のプルタブを開けると爽やかな柑橘の香り、パイナップル、マンゴー、ピーチのようなトロピカルな香り。

ビールをグラスに注ぐとフルーティさはなくなり松の香りが強く漂います。

ビールを口に含んで鼻腔に抜け渡る香りは最初に感じたフルーティな香りと松の香りが混ぜ合わさってかなりいい感じです。

泡立ち

真っ白で粗めの泡が1cmくらい立ち上がります。

濁りのあるイエローゴールド

テイスト

ホップのジューシーな味わいが口中に広がり、これぞNEIPAという味わいを堪能できます。

そしてホップのジューシーな味わいは苦味へと徐々に変わり、後味へと続きます。

カーボネーションは少し高めでクリスプ。そしてリフレッシュ感もあります。

おわりに

パシフィックIPAに比べると私は断然こちらの方が好きです。NEIPA/HAZY IPAを好んで飲む人であれば飲んでおいて損はない一本に間違いありません。

>>>「バッドシェパード ヘイジー IPA」に似たビール

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

NEIPA/HAZY IPA ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント