「ホップネーション セブン クラウズ」濁り具合を眺めながらその旨さを存分に味わう!

今回はホップネーション セブン クラウズ ヘイジー IPAです。

 

ホップネーションで二つほど前にメルボルン フォグという、こちらもかなり濁りのあるHAZY系のビールを飲みました。

最近ではこういったフィルターにかけられていない濁りのあるビールが結構多いようです。

で、私もそのHAZY系のビールにハマっており、楽しみな一本となっています。

HOP NATION BREWING CO. : SEVEN CLOUDS HAZY IPA(ホップネーション セブン クラウズ ヘイジー IPA)

クラウズ、ラベルは雲で覆われているデザイン。青空を見ることができないほど曇っているのに掛けているのでしょうか。

実はこのビール、同ブリュワリーの7周年を記念して醸造されたビールで、Taiheke、Motueka、Nelson Sauvinの3種類のホップを使用し作られています。

ラベル全体像はInstragramでご覧ください!

ブリュワリー所在地

6/107-109 Whitehall St, Footscray VIC 3011

ビール種別

HAZY IPA

アルコール度数

6.3%、1.9スタンダードドリンクス

IBU

テイスティングノート

香り

缶のプルタブを開けるとレモンやグレープフルーツのような柑橘の香り、パッションフルーツ、

ビールをグラスに注ぐとフルーティさは消えて青々しい大地の香りを感じます。

ビールを口に含んで鼻腔に抜け渡る香りはハーブのような香りが強くなります。

泡立ち

真っ白でフワフワの泡が2cmほど立ち上がります。

かなり濁りのあるグレープフルーツジュースのような色

テイスト

トロピカルフルーツ、ハーブの風味を持ったジューシーなホップの旨味がジンワリと広がります。

苦味はかなり抑え気味でほんの微かにアルコール臭を感じます。

後味にはその青々しいホップの苦味と甘味が、特に甘味は最後まで続きます。

カーボネーションはちょっと強めでミディアムボディ。

おわりに

メルボルンフォグ同様に濁りが強いのですが、ジューシーでホップの旨味がギュッと詰め込まれた感じのビールです。

もちろん濁っていても舌触りがザラつくということもなく美味しく飲めます!

>>>「ホップネーション セブン クラウズ」に似たビール

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

NEIPA/HAZY IPA ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント