ホップヘッズにオススメの一本「バラストポイント スカルピン」はホップの旨味と苦味を楽しめるIPA!

 

Hopheads(ホップヘッズ:ホップがよく効いたビールの愛好者)になりつつある今日この頃。

ボトルショップに行ってIPAの表記があればとりあえずそのビールは買い物カゴの中に放り込んでしまっています。

今回はバラストポイント スカルピンを買ってみました。

二つのブリュワリーがコラボレーションした「パイレーツライフ x バラストポイント ストロングペールエール」を飲んでから知ったアメリカのブリュワリーバラストポイント。

飲んだ瞬間に「これは美味い!」とうなずけるほどホップによる旨味を味わうことができるビールでした。

バラストポイントのビールを見つけた時、しかもIPAとくれば手を伸ばさずにはいられませんよね。

BALLAST POINT BREWING COMPANY : SCULPIN(バラストポイント ブリューイングカンパニー : スカルピン)

ウェブで見るとスタビーでの製品もあります。

しかし、今回買ったのはまたもや缶の製品で航海機器の六分儀がロゴマークに描かれているものです。

スカルピン(カルフォルニアカサゴ)の描かれたスタビーが買えなかったのがちょっと残念です。

ホップヘッズにとっては中身が同じでうまいなら問題ないですがね 笑

原産国

アメリカ カルフォルニア州 サンディエゴ

ビール種別

インディア ペールエール

アルコール度数 

7.0%

IBU

70

テイスティングノート

香り 

柑橘系、特にグレープフルーツの香りを感じました

泡立ち

泡立ちは約1センチほど、クリーミーでフワフワです。

かすかに濁ったオレンジアンバーカラー

テイスト

ホップの苦味と旨味を楽しめるIPAです

口に含んで鼻に抜ける香りはフルーティかつモルティ。

飲み進めるとホップの苦味が口の中でほとばしります。

後味にはそのホッピーな苦さとかすかなモルトの甘みを感じ取ることができます。

ミディアムボディでアルコール度数7.0%を感じさせない飲みやすさです。

おわりに

ホップの旨味を味わいたいならコレ!と言える一本ではないでしょうか。オーストラリア産のIPAも美味いのですが、それとはまた違った美味さのあるビールです。若干高めの値段ですが、それでも飲んでみる価値のあるビールです。

参考バラストポイントのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

IPAビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント