「バリスティック SWYD レッドDIPA」アルコール臭さを感じさせない重厚なビール!

最初にバリスティック ビアのSLEEP WHEN YOUR DEADシリーズのビールに出会ったのはDouble IPA、2019年5月のことでした。

この記事のちょうど一年前に紹介していますね。

 

そして、今回エンジョイ★ビアーズで5本目の紹介となるSWYDシリーズは、バリスティック ビア スリープ ウェン ユーアー デッド レッド ダブルIPA

 

まず、2020年5月20日にリリースされるという情報をFaceBookにて目撃。

数日後買い逃さないよう近所のボトルショップに走り購入しました。

 

フレッシュを売りにしている同ブリュワリーのSWYDシリーズのビール、他のビールを差し置いてタイムリーでレビューしていきたいと思います。

BALLISTIC BEER CO. :SLEEP WHEN YOU’RE DEAD RED DIPA(バリスティックビア : スリープ ウェン ユーアー デッド レッド  ダブルIPA)

ラベルはこれまでに紹介したSWYDシリーズと似た絵柄で、ダイナマイトを両手に持つカウボーイが描かれているデザイン画。

使用モルト:Pale、Supernova、Aurora、Redback、Shepherds Delight

使用ホップ:Citra、Simcoe、Chinook、Columbus

使用イースト:US/05

ブリュワリー所在地

クイーンズランド州 ブリスベン ソースベリー

ビール種別

インペリアルIPA

アルコール度数

8.4%、2.5スタンダードドリンクス

IBU

65

テイスティングノート

香り

まず缶のプルタブを開けると柑橘の香り、そして松脂のような香りを感じます。

そしてビールをグラスに注ぐとその松脂の香りに混じってキャラメルのような甘い香りも感じます。

さらにビールを口に含んで鼻腔に抜け渡る香りは松脂の香りが強く、それとともにトフィーのような甘い香りも感じます。

泡立ち

ブラウンがかった色合いでキメの細やかな泡が1,5cmくらい出来上がります

ウィスキーのような琥珀色をさらに濃くした感じの透き通ったアンバーカラー

テイスト

松脂っぽいホップの風味とともに甘いトフィーの風味が濃厚に混じり合って舌の上を駆け巡ります。

それらの風味がうまい具合にアルコール臭さを包み隠しており、重厚ながらも滑らかな口当たり。

後味にはやはりその甘さ、ホップの苦味が残りますが最後まで続くのは苦味。

カーボネーションは低めながらもヘビーな飲み口。

おわりに

これまでに飲んだSWYDシリーズでは一番重厚な味わいのビール。

SWYDシリーズは買い逃してしまうとそれまでなので見つけたら即買いをオススメします。

>>>「バリスティック SWSD レッドDIPA」に似たビール

 

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

IIPAビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント