「バリスティック トゥワング ドライホップド サワー」レモンのような酸味の強いビール!

またもやバリスティック トゥワング ドライホップド サワー

ですが、今回のトゥワングは前回のトゥワングとは使用されているホップが全く違います!

さて、ホップの違いで酸味の味わいがどのように変わるのか、楽しみです!

ビール詳細

BALLISTIC BEER CO. : TWANG DRY HOPPED SOUR(バリスティック ビア : トゥワング ドライホップド サワー)

以前に紹介したドライホップサワーはオレンジのラベルカラーでしたが、このビールのラベルカラーはグリーン。

ライムカラーで爽やかなビールをイメージさせてくれます。

使用モルト:Pale、Wheat

使用ホップ:Idaho、Gem、Centennial

使用イースト:BRY-97

ブリュワリー所在地

クイーンズランド州 ブリスベン ソースベリー

ビール種別

サワーエール

アルコール度数

4.3%

IBU

 

テイスティングノート

香り

まず缶のプルタブを開けるとレモンピールのような爽やかで酸味を感じさせる香りを感じます。

そしてビールをグラスに注ぐとプルタブを開けた時の香りがさらに強く立ちこめます。

さらにビールを口に含んで鼻腔に抜け渡る香りは同じように酸味の強いレモンのような香り。

泡立ち

真っ白で粗めの泡がグラスに注いだ時に約1cmくらい立ち上がりますが、すぐに消えて無くなります。

かすかに濁りのあるオレンジゴールド

テイスト

香りが鼻腔から抜けた後まさにレモンのような唾液がジュワーっと出てくるような酸味が口中に広がります。

ホップの風味ってこれかなとよくよく舌で探すように味あわないと感じないくらいです。

以前に紹介したドライホップサワーに比べると強い酸味を感じます。

ただ後味は驚くほどスッキリしておりキレがあり、カーボネーションはかなり低めでかなり軽いボディ。

おわりに

ホップの違いでビールの味わいが変わるのはハッキリとわかりますが、やっぱり酸味が苦手な方にはオススメしませんね。

私もサワービールはあまり好みではないのでその味わい方がまだよくわかりません(笑)が、ここ最近の流行のようなのでこれからも飲み続けなきゃならないかな。。。

>>>「バリスティック トゥワング ドライホップド サワー」に似たビール

 

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

SOUR/GOSE/OTHERビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント