甘酸っぱい「バリスティック トゥワング マルベリーサワー」カクテル感覚で飲める食前酒サワー!

またもやバリスティック・ビアのトゥワング・シリーズビールが手に入りました!

今回はバリスティック トゥワング マルベリーサワーというビールです。

 

ここ最近サワービールの紹介が多くなっていますが、これもオーストラリアでサワービールが認知されてきたということなのではないでしょうか。

エンジョイ★ビアーズでいろんなサワービールを紹介していくうちに、わたし好みのサワービールがあることも発見できました。

今回のトゥワングもどんな味わいなのか少し楽しみです。

BALLISTIC BEER CO. : TWANG MULBERRY SOUR(バリスティック : トゥワング マルベリーサワー)

完全にパープルカラーで統一されたラベル。

これまでのトゥワング・シリーズとちょっと色合いのデザインが違うと感じるのはわたしだけでしょうか。

使用モルト:Pale、Wheat

使用イースト:US/05

使用フルーツ:Mulberry

Bugs:Lactobacillus Plantarum(ラクトバチルス プランタルム)

ブリュワリー所在地

クイーンズランド州 ブリスベン ソースベリー

ビール種別

サワーエール

アルコール度数

4.6%

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

まず缶のプルタブを開けると酸味の強い酸っぱい香りが漂います。

そしてビールをグラスに注ぐとプルタブを開けた時より香りは拡散していてそこまで香りは感じません。

さらにビールを口に含んで鼻腔に抜け渡る香りはその酸味とともにかすかにフルーツの香りを感じます。

泡立ち

かすかにピンクがかったフワフワの泡が約1cmほど立ち上がります。

澄んだ赤紫色

テイスト

これまでのTwangと同様に酸味ももちろんあるのですが、その中にも甘味も感じられちょっと酸味のきいたカクテルのような感じです。

後味はかなりスッキリしており、カーボネーションもミディアム。

口当たりソフトでスムーズに飲むことができます。

おわりに

最近サワーエールを飲む機会が多くなってきたからでしょうか、酸っぱくてもガンガン飲むことができるようになった気がします。

というか、バリスティック・ビアのTwangを飲む機会が多くなったというべきでしょうかね(笑)

>>>「バリスティック トゥワング マルベリーサワー」に似たビール

 

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

SOUR/GOSE/OTHERビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント