「バリスティック トゥワング ホワイトピーチ サワー」ふんわりピーチの風味が広がる食前ビール!

今回はバリスティック トゥワング ホワイトピーチ サワー

 

エンジョイ★ビアーズで紹介するバリスティック ビアのトゥワング シリーズもこのホワイトピーチ サワーで5本目。

トゥワング シリーズで引っ張るなーと感じてきているのは私だけでしょうか 笑

BALLISTIC BEER CO. : TWANG WHITE PEACH SOUR(バリスティック トゥワング ホワイトピーチ サワー)

これまでに紹介してきたトゥワング シリーズのビールたちと同様にギター(ベース)が折れた絵柄が描かれているラベルデザインで背景カラーがホワイトゴールド。

個人的にはこのデザインももう飽きたかな・・・。

使用モルト:Pale、Wheat

使用イースト:US/05

使用フルーツ:White Peach

Bugs:Lactobacillus Plantarum(ラクトバチルス プランタルム)

ブリュワリー所在地

クイーンズランド州 ブリスベン ソースベリー

ビール種別

サワーエール

アルコール度数

4.6%、1.4スタンダードドリンクス、pH 3.29

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

まず缶のプルタブを開けるとかすかにピーチ、そして酸味を感じさせるイースティな香り。

そしてビールをグラスに注ぐと特にフルーティな香りはせず、酸味のある香りだけ。

さらにビールを口に含んで鼻腔に抜け渡る香りもさほど変わらず、フルーティさはあまり感じません。

泡立ち

グラスに注いだ際にシュワっと立ち上がりますがすぐに消えます。

クリアーなイエローゴールド

テイスト

飲み始めは酸っぱいなと感じますが、ビールが舌から喉元へと流れ込むとその酸っぱさはすぐに消えます。

そしてふんわりとした甘味が顔を出してきますが、しつこく残らずスッキリとした後味。

ピーチの風味はホント最後の最後でフワッと出てくる感じで、注意して味わってないと単なるサワーエールで終わってしまいそう。

カーボネーションは高め、ちょっとバブル感が舌を刺す感じ。

おわりに

ドギツイ酸味はなく、サワーエールが苦手な私でも飲みやすい部類に入るビールでした。

まぁ、でも、好んで飲みたいビールではないので・・・。

>>>「バリスティック トゥワング ホワイトピーチ サワー」に似たビール

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

SOUR/GOSE/OTHERビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント