「ゴールデンロードxフォーパインズ ディンゴパップ」ジューシーでホップの旨味が詰まったビール!

今回は久しぶりにブリュワリーxブリュワリーのコラボビール、ゴールデンロード ブリューイングxフォーパインズ ディンゴパップです。

 

これまでにもエンジョイ★ビアーズでは様々なコラボビールを紹介してきました。

そしてこのコラボビールでは二つのブリュワリーが国は違えど共通点はAB InBev傘下ということ。

なのでコラボするのは時間の問題だったのかなぁ。

 

最近ではめっきり手を出さなくなった4Pinesのビールたち、今回はどんな味わいなのか、楽しみです。

GOLDEN ROAD BREWING x 4 PINES : DINGO PUP TRANS-PACIFIC PALE ALE(ゴールデンロードxフォーパインズ : ディンゴパップ)

日本の樹木が描かれています。

写真向かって左手に見えるのがオーストラリア・マンリーにあるパイン、そして右手にはカリフォルニアのヤシの木でしょうか。

両方の樹木とも両国のビーチ沿いで見かける樹ですね。

使用ホップ:(オーストラリアン)Galaxy、(アメリカン)El Dorado

ブリュワリー所在地

4 Pines : ニューサウスウェールズ州 ブルックヴェール

Golden Road Brewing : アメリカ合衆国 カルフォルニア州 ロサンジェルス

ビール種別

ペールエール

アルコール度数

5.0%、1.3スタンダードドリンクス

IBU

33

テイスティングノート

香り

まずボトルの栓を開けるとパイナップル、パッションフルーツ、柑橘のフルーティな香りが立ち込めます。

そしてビールをグラスに注ぐとそのフルーティな香りにハチミツのような甘い香りがほのかに加わります。

さらにビールを口に含んで鼻腔に抜け渡る香りは、フルーティさは消えホップの青々しく爽やかな香り。

泡立ち

少し粗めのボアボアの泡が5mmくらいできますがすぐになくなります。

かなり濁りのあるオレンジイエロー

テイスト

まず、ホップの青々しい風味と旨味がジワーッと口中に広がり、その後にかすかな甘味が広がる感じ。

また、意外にもフルーティでジューシーさを感じさせてくれる。

後味にはホップの苦味がふんわりと残りますが最終的にはその苦味はスーッと消えて全くなくなる。

ちょっと強めの炭酸感ですがキメが細やかで舌触りは滑らか。

おわりに

大手傘下に入ってしまい味の質も落ちたかなと思いながら最近ほとんど手を出さなくなった4Pinesのビールでしたが、いやはや飲んでみると美味い!

大手傘下などという色眼鏡を外してどこのビールだろうとちゃんと飲んでみようと思い直させてくれた一本でした。

>>>「ゴールデンロードxフォーパインズ ディンゴパップ」に似たビール

 

 

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

PALE ALEビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント