「ボッドリジー クラウドタウン」強い甘味でホップの苦味・旨味が際立つNEIPA!

当ブログでも2本紹介しているボッドリジー ブリューイングのビールたち。しかしその2本は両方ともサワービールでした。

今回と次回はそんなボッドリジー ブリューイングのNEIPAとダブルIPAを見つけたので飲んでみたいと思います。

まず最初の1本目はクラウドタウンというニューイングランドIPAです。

一体どんな味わいなのか楽しみでなりません。

スポンサーリンク

ビール詳細

BODRIGGY BREWING COMPANY : CLOUDTOWN NEIIPA(ボッドリジー ブリューイングカンパニー : クラウドタウン ニューイングランド ダブルIPA)

2羽の鳥の横顔の絵柄がステッカーとして貼り付けられているラベル。

カラフルに描かれており、1羽ずつ色合いが違うのでInstagramにアップしているショートムービーでぜひ全体像をご覧ください。

ブリュワリー所在地

245 Johnston St, Abbotsford VIC 3067

ビール種別

ダブルIPA、ニューイングランドIPA

アルコール度数

355ml缶、8.0%、2.2スタンダードドリンクス

IBU

製造日

パック詰日:2020年11月12日

Best Before:2021年12月12日

テイスティングノート

香り

缶のプルタブを開けるとパッションフルーツ、ピーチ、オレンジのようなフルーティな香り。

ビールをグラスに注ぐとフルーティさは消えて松の香りが強く漂います。

ビールを口に含んで鼻腔に抜け渡る香りは松の強い香り、そしてフルーティな香りが戻ってきます。

泡立ち

グラスに注いで1cmくらい真っ白な泡が立ち上がりますがすぐに消えます。

かなり濁りのあるオレンジ

テイスト・感想

フルーティでジューシーなホップの旨味が広がるとともに、結構な甘味も感じ取ることができます。

この強い甘味のお陰でこれまでに飲んだNEIPAの中でも苦味を強く感じるビールだと思います。

後味にもそのホップの苦味、甘味両方がずっと残り続けます。

味わいも濃く結構ガツンとくるボディですが、炭酸感は泡立ちから想像できるようにかなり低め。

そして、アルコール度数が8.0%と高めなのにほとんどアルコール臭を感じません。

おわりに

Bodriggyのビールはサワーしか飲んだことがなく、IPAなども飲んでみたいと思っていたのでちょうど良い機会でした。

自分が苦手なサワーだけでブリュワリーを判断するのは気が引けてましたが、今回このビールを飲んだことでちょっと印象が変わったように思います。

>>>「ボッドリジー クラウドタウン」に似たビール

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

IIPA ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント