「ボーンヘッド ダッズ ポーター」バニラ風味の甘味とローストモルトの苦味が絶妙でグッド!

 

今回はボーンヘッドというエンジョイ★ビアーズに初登場のブリュワリーのビール、ダッズ チョコレート バニラ ポーターを飲んでみたいと思います。

 

スタウトとポーターってどこで切り分けているのかよく分からなかったのでちょっと調べてみました。

元々ブラウンエールに若いブラウンエールやペールエールをブレンドしたビールがポーターの起源らしく、その後ポーターを元に18世紀後半にスタウトが誕生します。

この二つの大きな違いは麦芽化せずに焙煎した大麦(ローストバーレイ)を使用しているかどうかで、使用しているのがスタウト、使用していないのがポーターとなります。

最初の頃スタウトは「スタウト・ポーター」と呼ばれていたのですが、その後広く親しまれるようになってから単純に「スタウト」と呼ばれることになったそうです。

まぁ、あまりウンチクばかり溜め込んでも仕方ないので早速飲んでみましょう。

BONEHEAD BREWING : DAD’S CHOCOLATE VANILLA PORTER(ボーンヘッド ダッズ チョコレート バニラ ポーター)

紙もののパーティクラウンらしきものを被った褐色坊主頭のおじさんが描かれています。

写真正面より向かって左裏面には何やら説明書きが。

全体像はInstagramでどうぞ

 

View this post on Instagram

 

Dad’s Chocolate Vanilla Porter @boneheadbrewingau #boneheadbrewingau #chocolatevanillaporter #australiancraftbeer

A post shared by Enjoy★Beers🍻 (@australian_beer_label_360) on

ブリュワリー所在地

ビクトリア州 ケンジントン

ビール種別

ポーター

アルコール度数

6.0%、1.8スタンダードドリンクス

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

まず缶のプルタブを開けても意外なほど香りがしません。

ビールをグラスに注ぐと微かにエスプレッソコーヒーのような香りとバニラの香り。

ビールを口に含んで鼻腔に抜け渡る香りはそれまでと違ってバニラの香りが一気に強くなります。

泡立ち

ブラウンカラーの泡がビールの表面に5mmほど覆われるくらいに立ち上がるくらい

光を当てても透過しないくらいの漆黒

テイスト

チョコレートの風味、そしてバニラの風味を含んだカラメルのような甘さが心地よくゆっくりと広がります。

そしてそんな甘味と同時にローストされたモルトの苦味が顔を出してきます。

後味にはそのバニラ風味が最後まで残る感じ。

カーボネーションは低め、ボディはミディアムで口当たり滑らか。

おわりに

ポーターにしては濃厚でスタウトでもいいんじゃないかと思わせるくらいの味わいでした。

 

>>>「ボーンヘッド ダッズ ポーター」に似たビール

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント