小麦の濃厚な旨味を味わえる「ブリッジロード ブレッドビア」コクのあるヘーフェヴァイツェン!

 

ブリッジロードブリュワーズのビールは過去に何本か飲みましたが、どれも個性的でした。

IPAとイチゴジャムのコラボビールなんて聞いたことも飲んだこともありませんでした。

なぜに酸っぱい?「ブリッジロード メイデイヒルズ ジャム」IPAとして飲むと期待はずれ
今回も当ブログ初登場のブリッジロードブリュワーズ。 今回はこのブリュワリーと地元ジャム生産者がコラボして作り上げられたビールであるブリッジロード メイデイヒルズ ジャムを飲んでみます。 このビールもCraft Cartelより2018年10月分...

シャヴァリエ セゾンなんかもビールというよりシャンパンのような味わい。

シャンパンに似た味わい「ブリッジロード シュヴァリエ セゾン」はあっさり料理に合わせて飲みたい
今回はブリッジロード シュヴァリエ セゾンを飲んでみます。 「セゾン」とは古典的なベルギースタイルのビールであまり頻繁に目にすることはありません。 なぜならベルギーの農家で農民や労働者が夏から秋の畑仕事をしている際の水分補給用に飲むために、冬の...

珍しい味わいのビールを作るなというイメージが強い同ブリュワリーですが、ベンチマークたるペールエールはかなり作り込まれた味わいでした。

フルーティで爽やかな香り「ブリッジロード ペールエール」は同社のベンチマークたるビール!
どのビール会社にもその会社のベンチマークたるビールがあるはず。 今回はブリッジロード ビーチウォース ペールエールですが、ブリッジロードブリュワーズがベンチマークとしているビールです。 わたしが飲むブリッジロードブリュワーズのビールはこれが2本...

そして、今回はブリッジロード ブレッドビアです。

ブリッジロードブリュワリーが作るヘーフェヴァイツェン。

期待をもって良い味わいなのか?それともまたもやこれまでに味わったことのないビールなのか?

口にするまでわからない同ブリュワリーのビール、その味わいは如何に。

スポンサーリンク

ビール詳細

BRIDGE ROAD BREWERS BREAD BEER(ブリッジロード ブリュワーズ ブレッドビア)

製品名の「Bread beer」が描かれている背景に食パンが描かれているラベルデザイン。

産地

ビクトリア州 ビーチウォース

ビクトリア州でも結構内陸に入ったところです。

地図で見るとそんなに遠くない感じですが、メルボルンシティから車で4時間くらいかかりそうな気がするんですが。

ビール種別

ヘーフェヴァイツェン(ホワイトビール)

アルコール度数

5.0%

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

王冠を開けるとかすかに酸味のある小麦の香りを感じます

グラスに注ぐと同じように小麦の爽やかな香りを強く感じます

泡立ち

きめの細やかな真っ白な泡が5mmくらい立ち上がりますがほどなくして消えます

かすかに濁ったオレンジゴールドカラー

テイスト

最初にビールを一口口に含んだときの香りは小麦の爽やかな香りが鼻腔へと抜けます

舌を全く刺激しない微炭酸でベルベットのようなまろやかな口当たり

鼻腔で香りを感じると同時に酸味と小麦の甘味が口中に広がり、そのあとかすかなホップの苦味が現れます。

後味はその甘味がジンワリと残ります。

おわりに

一言で言うならコクのある小麦ビール。

ホワイトビールが好きな人はぜひ試してほしい一本ですね。

ホワイトビールではフルーツが味付けされているビールを何度か飲みましたが、このように小麦の味で勝負してくるビールが私は好きです。

参考ブリッジロードブリュワーズのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

フルーティな酸味で個性豊かな「ムーブリュー ヘーフェヴァイツェン」はゴクゴク飲めてしまうほど美味い!
2011年1月に開館した、現在オーストラリアの個人所有ではもっとも大きい美術館であるMONA(モナ:Museum of Old and New Art) このMONA、2001年にDavid Walsh(デイヴィッド ウォルシュ)氏がMoorilla...

コメント