「ブライトタンク チョークフェイスキラー」ほのかな甘味があってジューシーなNEIPA!

これまでにブログで紹介してきたWA(西オーストラリア州)のクラフトブリュワリーはリトルクリーチャーズフェラルブリューイングが主でゲージロードネイルブリューイングアザーサイドのビールが数本。

今回はそんなWAからブログ初登場のブリュワリー、ブライトタンク ブリューイングチョークフェイスキラー ヘイジーIPAというビールです。

一体どんな味わいなのか、楽しみでなりません。

スポンサーリンク

ビール詳細

BRIGHT TANK BREWING CO. : CHALKFACE KILLAH HAZY IPA(ブライトタンク ブリューイング : チョークフェイス キラー ヘイジーIPA)

ブロック塀に「CHALKFACE KILLAH」とチョークアート風にビール名が描かれているビールラベル。

缶に直接プリントされているので見た目いいですね。

このビールで初めて見たのですが缶の背面にはQPコードがプリントされており、スマホのカメラでスキャンすることですぐにウェブサイトにアクセスできるようになっています。

どのようになっているのかはInstagramのショートムービーでじっくりどうぞ。

ブリュワリー所在地

100 Brown St, Perth WA 6004

ビール種別

HAZY IPA/NEIPA

アルコール度数

375ml、6.4%、1.9スタンダードドリンクス

IBU

製造日

2020年10月21日(缶詰)

テイスティングノート

香り

缶のプルタブを開けるとパイナップル、マンゴー、ピーチ、そして柑橘の香り。かなりトロピカルな感じです。

ビールをグラスに注ぐとマンゴーやオレンジのような香り。

ビールを口に含んで鼻腔に抜け渡る香りはフルーティさは影を潜め、トフィーのような甘い香りを感じます。

泡立ち

真っ白でフワフワの泡がグラスの淵まで立ち上がります。

かなり濁りのあるオレンジ。

テイスト・感想

ほんのりとトフィーのような甘さを含んだ味わいが先にきて、ジワリジワリとホップの程よいジューシーな苦味が広がります。

後味にはそのジューシーな苦味がずっと残り続ける感じ。

ただ、甘味がある分ヘビーさを感じ、ジューシさはあってもホップのトロピカルな旨さが打ち消されているかのよう。

炭酸感は低めで泡立ちがクリーミー、なので口当たりもかなり滑らか。

おわりに

東海岸でWAのクラフトビールを見つけるのはなかなか難しいかもしれません。

なので、これからも見つけたらどんどんチャレンジしていきたいと思います!

>>>「ブライトタンク チョークフェイスキラー」に似たビール

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

NEIPA/HAZY IPA ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント