「バルター クライオモフォ」アルコール臭を感じさせないバランス良い味わいで完成度の高いビール!

今回はバルター ブリューイングの2021年リミテッドリリースビール、クライオモフォ ウエストコースト IPAです。

バルターのビールたちはこのブログでもよく取り上げており、ブログを見てくださっている方にはお馴染みかもしれません。

早速飲んでみたいと思います!

スポンサーリンク

ビール詳細

BALTER : CRYOMOFO WEST COAST IPA(バルター:クライオモフォ ウエストコースト IPA)

バルターらしい、シンプルかつ同ブリュワリーのビールと一目でわかるラベル。

缶下部のカラーはピンクとイエローのグラデーション。Instagramのショートムービーをみていただくとよくわかります。

そしてこのビールは2021年にリリースされる4種類のビールの最初の1本。今後どんなビールがリリースされるのか目が離せませんね。

ブリュワリー所在地

14 Traders Way, Currumbin Waters QLD 4223

ビール種別

ウエストコースト IPA

アルコール度数

375ml、7.0%、2.1スタンダードドリンクス

IBU

 

製造日

リリース日:2021年2月9日

テイスティングノート

香り

缶のプルタブを開けるとグレープフルーツのような柑橘の香り、マンゴー、パッションフルーツなどトロピカルフルーツの香りを強く感じます。

ビールをグラスに注ぐとうってかわって松のような香りを微かに感じます。

ビールを口に含んで鼻腔に抜け渡る香りは松のような香りにトフィーのような甘さを感じさせる香りも加わります。

泡立ち

真っ白でキメの細やかな泡が1cmほど。

クリアーなライトオレンジゴールド

テイスト

トフィーのような甘さは感じるけれど控えめで、トロピカルなホップの旨味を引き立てているかのよう。

そしてそのホップの旨味が苦味へと変わりそのまま後味へと続く感じがまた良いです。

ただ、その後味はずっと続くわけでもなくスッと消えてスッキリ感もあります。

そして、7.0%というアルコール度数にも関わらず、そのアルコール度数の高さを全く感じさせない味わい。

ミディアムボディ、そしてキメの細やかなバブル感で舌触りがかなり滑らか。

おわりに

うーん、コレは美味い!って唸るくらい美味いビール。

特にアルコール度数の高いビールはそのアルコール臭がツンと鼻につく場合があるけど、それを全く感じさせない完成度の高いビールでした。

リミテッドリリースでオススメの一本です!店頭で見かけたらなくならないうちにぜひ手にとってください!!

>>>「バルター クライオモフォ」に似たビール

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

IPA ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント